【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2009年08月14日

7月のゴミ削減量は1300トン

7月の焼却ゴミ削減量を発表しました。
昨年7月と比べ1,300トンの減量です。
今年度は15,000トンの削減を目指していますので、今後もさらなる啓発活動に取り組んでまいります。

焼却ゴミを減らすことはエコであることはもちろん、焼却工場を3工場体制⇒2工場体制にすることで200億円以上の税金が浮く、市民にもメリットがある施策です
皆さま方のご協力をよろしくお願いします。

下記サイトに削減状況やゴミを減らすための工夫などが紹介されていますので是非ご覧ください。

⇒環境総務課のページ
 http://www.city.chiba.jp/kankyo/kankyokanri/somu/herasou.html
posted by 熊谷俊人 at 10:29| Comment(9) | TrackBack(0) | 環境対策(ゴミ削減など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リンク先の環境総務課のページは内容が読みにくいなぁ。新しい雑誌の出し方とかのリンク先も説明が「???」という感じで判りにくいと思いますよ。(私だけ?)

HPに関しては、市民に判りやすい作りに変えていってほしいものです。
正しく伝えることは重要ですが、わかりやすく伝えることはもっと大事だと思います・・・
それに、回収日が減ることの意味もきちんと説明することも大事だと思いますよ。

ゴミの回収は生活に密着していることであり、税負担の納得性を感じられる行政サービスの最たるものの一つです。回収日の変更といったことは、早めに周知しないと近隣とのトラブルにもなりやすいので、早く広報してほしいと思います。
10月1日からということであれば、あと1カ月半しかないのです。市のイベント告知だってもっと早くからしているのに、担当課はちょっと軽く考えていないかなと正直思います。
自治会の無い地域もありますし、ゴミステーションに告知を数回張るとか、早め早めに対応すべきではと思うのですが・・・
Posted by 地場企業のおやじ at 2009年08月14日 12:09
すごい数字ですね。以前にこちらでも書かせていただきましたが、住んでいるマンションで8月5日より、資源ゴミを買取業者へ委託
回収をはじめました。イコール市のごみ回収の削減に繋がると思います。

まだ2回しか回収を実施しておりませんが、確実に住民の意識に変化が出ています。例えば1回目でラベルがついたままのペットボトルが、2回目ではかなりの量ラベルをはがしてくださっています。

ラベルがつくつかないでは、買取価格が違います。修繕費への積み立てを考えると言う意識が、段々高まると感じております。

沢山あるマンションの自治会と協力することで、ゴミの削減はまだまだ可能になるのでは?と感じております。

1,300トンの減量!数字で実績が出てくると、嬉しいものです。
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by kitihana at 2009年08月14日 15:48
民主党マニュフェストについて。
民主党推薦の市長にお伺い致します。
市長は、今回の衆議院選挙で、現在民主党ではないかも知れませんが、民主党のマニュフェストは実現可能なのかお伺いしたいです。
千葉市政にとっても、国政情勢は無関係ではないと思います。
借金を次世代へ残すだけの政策なのか、新しい価値観の創設の第一歩なのか。
閉塞感を感じる現状、私は新しい風を望んでいますが、同時に不安も感じます。(企業はこのままやっていけるのだろうか)
消費者(生活者)としては嬉しい政策ですが、企業人てしては不安になる政策なので。
可能な限りお答え頂ければ幸いです。
Posted by げんきちば at 2009年08月14日 22:31
10月1日までそれほど日は残されていません。私はマンション理事ですが、今回の変更でマンション内のゴミ出しルールも変える必要がありそうです。理事会は月一度ですので、あと一回しか理事会で話し合う機会がありません。10月に入ればルール不徹底による混乱が目に見えるようです。ゴミ収集回数削減の趣旨は理解しますが、ある程度早い段階で告知されなければ現場は混乱します。もう既に遅いくらいだと思います。速やかに告知できないのであれば、新制度の延期も考える必要があると思います。
Posted by 匿名希望 at 2009年08月15日 05:50
主婦はどこで情報収集するか?

主婦友のおしゃべり、学校のお知らせ、TVやPC etcあいにく市政だよりはあまり役に立たない!

生ゴミの発生源は食材が多く「スーパー」が効果大、選挙前に投票日等を館内放送で協力してくれるのだからいまから1ヶ月かけて週2回の可燃ごみ収集を流してほしい 生ゴミ処理機の販売とかスーパーにもメリットありそうです   
Posted by 花見川 at 2009年08月15日 14:31
本日(土)マンション環境委員4名で10月1日からのゴミだし変更のことを話し合いました。

変更当初はゴミだし日を間違える住民も出るかと思います。ボランティア数名で当日のパトロールをしようと議題に上げることにいたしました。大きなマンションなどは
エレベーター内や掲示板などへの告知で、なんとか対応できるものと考えております。

1300トン削減の数字は、会合の中でアピールしました。もっと削減して借金を少しでも減らしたいものです。政令都市で燃えるゴミ週3回回収している場所が殆どない!と言うのは知りませんでした。

10月に向けて千葉市民として協力したいと思っております。
Posted by kitihana at 2009年08月15日 15:08
他の自治体の可燃ゴミの回収が週2回だからといって、必ずしも千葉市が同調する必要もないと思います。私が以前住んでいた自治体では、可燃ゴミは週2回の回収でしたが、ビニールやプラスチックは不燃ゴミとして分別収集していました。千葉市よりも可燃ゴミの量が少ない分システムとして成り立っていたのかもしれませんよね。条件はそれぞれ異なる訳ですから注意が必要です。議論の過程も十分市民に公開されないまま、10月からいきなり始まるのも少し乱暴な気がします。確かに、ゴミを減らす意識に繋がり、将来的には意義のある試みと思います。しかし導入にあたっては十分な議論、議論の公開、市民の理解が肝要ではないでしょうか。生活に大きな影響を与える部分だけに、ことを慎重に進めていって欲しいと思います。
Posted by 千葉市民 at 2009年08月16日 21:43
ゴミの収集2日は痛いね。独身にはわからないか。子供のおむつなんて夏場は大変だよ。
ちなみに、川崎は3回、横浜は夏場3回だしね。もう少し人生経験が必要だね市長さん!
Posted by パフォーマンス? at 2009年08月24日 18:03
貴重なご意見をたくさん頂きありがとうございます。
周知方法についても具体的なご提案も頂いていますので、所管とともに可能な限り検討していきたいと思います。環境局の職員による早朝啓発活動なども行いながら、今回の変更に対する理解にも努めてまいります。
ちなみに千葉市のゴミ排出量は他の自治体と比べても決して多い方ではありません。他市と同様に十分に週2回が可能な量です。

途中の周知であったり、市民を巻き込んだ議論が不足していた点は十分に反省すべきですが、ここで一旦中止したり先送りする方が余計に混乱を招きますので、10月に実施をすることに市民の理解が得られるよう最大限の努力をしてまいります。

また、川崎や横浜の事例を挙げた方がいらっしゃいますが、18政令市中15市が週2回です。また東京23区も週2回です。
横浜だけが政令市の中で夏場の回収回数を増やしていますが、これは横浜市だけが唯一直営で実施しているため柔軟に対応ができるからです。
もちろん公務員削減の流れ、人件費削減の流れの中で直営にすることは考えられません。
Posted by 熊谷俊人 at 2009年08月24日 22:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック