【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2009年09月29日

局部長会議の内容

今朝は議会開会前に局部長会議がありました。

局部長会議はその名前のとおり、局長・部長クラス(区長も含みます)が勢ぞろいして市として共有すべき情報を周知する会議で、原則に月に1度開かれます。ほかには、庁議という局長クラスの会議(これも主に情報共有)が原則月2回、さらに政策を決定する調整会議・政策会議などがあります。
こうした会議は若干変更した部分もありますが、基本的には前市長までの流れを一旦引き継いでいます。今後、長所短所が見えてきた段階で見直しすべき点は見直す予定です。

私からは以下の内容を話しました。

1.議会について
・議長が逮捕されるという異例の事態になった
・市役所からすれば市議会の不祥事は対岸の火事と感じるかもしれないが、市民は市役所と市議会の区別は分からない
・千葉市は何をやっているんだ、と信頼が大きく揺らいでいる
・対岸の火事と考えず、市としても信頼回復に向け何をすべきか見つめ直す機会にして欲しい

2.新副市長について
・議会の同意を受けて昨日付けで徳永副市長が就任した
・徳永副市長には千葉市の都市計画をもう一度見直してもらいたい
・今度の基本計画策定にあたっては少子高齢化が急速に進展した20年後の千葉市の状況(年齢構造やそれに伴う歳出予測)をシミュレーションし、その折り返し地点としての10年後を目指す計画とする必要がある
・少子高齢化は急速に進む。今から準備して正しい着地態勢に入らなければ間に合わない
・高齢化に伴いマイカーが使えない人が増え、ますますバス交通に頼る比率が高くなる
・他市よりもはるかに多い団地の崩壊を防ぐことなど課題は山積している
・大きく風呂敷を広げた市の都市計画をどのように着地させ、かつ細かい部分で従来の思想にとらわれず改善を重ねて県都に相応しい千葉市を築く必要がある
・両副市長のもとで一致団結して将来を見据えた計画のもと、今やっておかなければならない課題に各自取り組んで欲しい

3.国の動向について
・民主党政権が誕生し、長年の慣習である省庁ベースでのやり取りだけで甘んじていてはいけない状況にある
・民主党に対する働きかけは絶対に必要
・千葉市が抱える問題で、かつ全国的に共通する課題は積極的に提言していくので各部署で抱える課題を随時挙げてもらいたい
・やらないよりはやった方がまし。歴史に残る転換点、後悔しないようベストを尽くすこと

4.適正な経理と予算の編成・執行について
・県は不正経理問題で大きく揺れている
・市も大丈夫なのか、多くの市民が注目している
・県の問題を見て分かるように、見て見ぬふりをすると後でとんでもないことになる
・客観性、透明性を確保した調査となるよう協力をして欲しい
・予算編成がいよいよスタートするが、議会でも答弁したとおり危機的な財政状況にある
・今回の予算編成にあたっては従来のように一律に事業費をカットするのではなく局部長の段階で柔軟に既存事業の見直しを行って欲しい
・また、今年度予算についても1円でもいいから節約して翌年度以降に残すように
・来年度以降の厳しさを考えれば今年度どれだけお金を残すかが重要
・節約した分はインセンティブ予算として各部にメリットが出るので自分達のためにも予算消化することなく節約を

5.10月を迎えるにあたって
・いよいよごみ収集体制が変更となる
・実施に伴い、市民から意見や苦情などが寄せられると思う
・これは環境局だけの取り組みではなく、市全体としての取り組み
・全職員が今回の施策実施の理由について市民に適切に説明できるよう、職員の意識啓発に取り組んで欲しい
・新型インフルエンザも今後本格化する可能性がある。市民に適切な情報を周知していって欲しい
posted by 熊谷俊人 at 23:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 千葉市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こうゆう内容を熊谷さんのブログではなくて千葉市の機関でオフィシャルにしてください
ブログ批判のコメントも書かれてましたが、ブログ自体を批判する方々についたは「え?」って感じですがブログに書いてる事と千葉市の実情にかなりのギャップがあるのは即急に改善していただきたいです
Posted by よっすぃ at 2009年09月30日 00:10
スタートライン。
これから、5年後、10年後、20年後の着地点…。自分の将来を考えても、年金がどうなっているか、医療体制がどのようになっているか、地域のコミュニティが存在しているのか、など心配なことが沢山あります。この20年間に壊してしまったものを再構築していくこと、右肩下がりの時代にどのゆなシステムをつくるのか、地域と国、世界レベルで発想することが重要ですね。
Posted by こん at 2009年09月30日 07:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック