【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2009年09月30日

ゴミ分別、ヒーローを作る!?

今日も議会でした。
合間に各種政策協議。

●10月1日、ごみ収集体制が変更
いよいよ明日からゴミの収集日が変更になります。
しばらくは間違えてゴミを出してしまう方が多いと思いますので、職員1000人以上が早朝啓発を行います。私も地元のゴミステーションに待機する予定です。

●今までとは違う、ゴミ分別のアピールを!
夜、環境局で残っている職員と今後のゴミ施策について話をしたのですが、やはり雑紙を中心とした分別についてもっと強力にPRする必要があるのではないかと思います。
行政の考え方の延長線上で周知するのではなく、もっと突き抜けたアイデアが必要です。例えば"分別マン"のようなヒーローと、雑紙なら"ザツガミダー"といった悪役との寸劇を市内でゲリラ的に展開したり、学校に突然登場したり、そういった盛り上げ方も考える余地があるのではないかと。

千葉大や若手商工関係者などの協力も頂きながら何か検討してみて、とお願いしてみました。
夜だから少し発想がおかしくなっているのかもしれません。朝起きてもう一度この記事を見返した時に自分自身どう思うでしょうか…

ちなみに正当な施策としては、ルールを守らない排出ゴミは中身をチェックし、出し主を特定して警告することを徹底しようと考えています。
横浜市では同様の取り組みを既に始めており、3回警告すると罰金を取ることもできる条例まで制定しています。真面目にゴミルールを守っている人がバカを見ないよう、ルールの徹底に全力を尽くしたいと思います。
posted by 熊谷俊人 at 21:23| Comment(13) | TrackBack(0) | 環境対策(ゴミ削減など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いよいよ17年間の「可燃物週3回」から変更ですね。頑張りましょう!8/6からは「ごみ」の事ばかり考えてきました(笑)息子が高校卒業後に市を出て8年‥小4から高3迄自分から「ごみ出し」をしてくれた事を初めて思い出し、感謝の気持ちが芽生えました。「ごみ出し」をするお子様をぜひ褒めてあげて下さい。
Posted by 美浜 at 2009年10月01日 01:32
>真面目にゴミルールを守っている人がバカを見ない

これ大事ですね。
やっぱり捨てただけお金がかかる仕組みが必要だと思います。
例えば可燃ゴミの袋に税をかけて高くしてしまう。

今は45Lで一枚7〜15円くらいですけど税金をかけて
一枚30〜40円くらいにしたら結構意識が変わるのでは?

※もちろん徴収した税金は市民に還元します。

また雑紙の収集ですが紙袋を縛るのは必須でしょうか?
ホッチキス付きはOKでしょうか?
ホッチキス付きもOKで、空き缶みたいにボックスに
ポイできると雑紙が出し易くなって収集率があがるのでは
ないかと思います。

Posted by ふう at 2009年10月01日 02:15
 おやおや、普通の管理者になったのかな、割ぽう着姿(古すぎるかな)の大政翼賛会が出てくるのではないかと心配していたがーーー。
 簡単に分別の理解、実行できるようなアイデアが必要では。
 説明の細かな矛盾でもやる気を無くすとの声もありますよ。なぜとの疑問に丁寧に説明する必要もあれば(ザツガミはビニール紐でくくれ、ザツガミを入れた紙袋のビニール紐は取れなどなど)
Posted by 美浜区のおじん at 2009年10月01日 07:40
雑紙、今までは古紙回収で出していましたが、これからは出しやすくなります。先進地域や他国のやり方を参考にして、徐々にやりましょう。
コンビニや学校に協力してもらって、資源ごみなどのステーションにするなど、ごみステーションも工夫の余地があると思います。
Posted by こん at 2009年10月01日 08:00
ヒーローの登場には賛成しかねます。
ゴミを纏めるのはお母さんで、出すのは子供、父親が多いのでヒーロー出現を思い付いたのだと想像しますが、ルール破りは主に独り者の方、日本語に弱い方と思います。近くに○○工業樺国人研修者宿泊所が出来て数ヶ月になり、5人ほど住んでいるようですが、ここが出来てからは"ゴミ収集車が回収し終わってすぐに新たにゴミが置いてある"状態になってしまいました。
Posted by 緑区の小父さん at 2009年10月01日 08:14
おはようございます!
初めてコメントさせていただきます。
昨晩、雑紙の整理をしていてまさに思いました。どこ迄仕分ければ良いのかしらと。
子供達への啓蒙活動も絶対に必要ですが、大人への説明もまだまだ不十分だと感じています。(レンジャーがいたら、私も面白いです!)


例えば、封筒の窓のフィルム外しも全てなのか、環境循環型の紙を使用している物も外した方が良いのか…、宅配物のバーコードシールは貼ったままで良いのか?
厚紙に貼られた値札シール等々の粘着物は?…

せっかく捨てずに貯めて整理をしてから出す資源物、弾かれて結局ゴミに→なんて嫌ですよね。

配布されたポスターだけでは足りません。次回以降の市政だよりに資源物の整理の仕方の記事等あると嬉しいのですが。

我が家は雑紙の中でも小さな紙箱、トイレットペーパーとサランラップの芯やヨーグルトカップ、他にプリンカップ、豆腐のパッケージ等々はきぼーる内の子育て支援館に幼児達の工作用資材として渡しています。小学生児童を育てていられる方にはそういった物を学校などに持って行くのは常識的な事かもしれませんが、私は子供を産む迄知りませんでした。

我が家ではゴミになってもよそでは役に立つなんて凄い事ですよね。一時保管のスペース確保やら仕分け・整理をしなくてはなりませんが続けていたらゴミは確実に減りました。週二回回収でも全く問題有りません。(生ゴミや紙オムツは新聞紙でくるむ等すれば臭いも抑えられますし…)
今日から暫くはバタバタするのでしょうが、しっかりルールを守って協力したいと思っています。

少しずつでも、より良い環境に、どの世代も住みやすい、皆が『大好き!!』と言える街に千葉市がなって行くようにしたいです。
Posted by yun @ 西千葉 at 2009年10月01日 08:26
ブラジル人が最も住みたいというクリチバ市でも、ゴミは大きな課題だったそうです。どのように取り組んできたのか、読んでなるほどでした。
http://eco.chunichi.co.jp/column/column04/2009/09/post-5.html#000056

「ヒトを大切にする街づくり」という視点から考え、行政の押しつけではなく市民が自発的に取り組めるようにする。
学ぶところがたくさんあるように思われます。
Posted by 地場企業のおやじ at 2009年10月01日 11:15

ゴミについてですが、まだまだ広報が足りないと思います。おっしゃっているような「分別しよう!」という方向の広報ではなくて、「分別の仕方」そのものについてです。

といいますのも、配られているゴミの捨て方のポスターでは、分別方法が粗すぎて、疑問だらけだからです。「これはなんのゴミだろう?」と思って探しても、そういったことを書いてあるものが見当たらないのです。

配られるゴミの捨て方ポスターでは書ききれないというのはわかりますが、せめてウェブでは細かい事例をあげられるだけあげるべきではないでしょうか。

たとえば、シュレッダーで粉砕した紙は雑紙ですか?
賞味期限切れの未開封のしょうゆはどうやって捨てればよいのですか? 油はかためるにしても、可燃ごみでOKでしょうか? 化粧品のビンなどはなんのゴミでしょう? 化粧品の残り(液体・固体)は可燃ごみですか?

家庭ではさまざまなゴミがでます。うまく分別できないからというのをすべて、捨てる方のせいにされるのも困ります。まずは、分別の仕方を丁寧に広報することが先決ではないでしょうか。それを処罰する前に。 
Posted by なっつ♪ at 2009年10月01日 11:46
皆さま、貴重なご意見ありがとうございます。

雑紙を中心とした資源ごみの回収についてはまだまだ説明が不十分と感じていますので、今後はもっと分かりやすい分別ガイドなどの作成を検討していきたいと考えています。
記事に書いているヒーローも分別方法について寸劇で説明することを想定しています。

なお、雑紙を入れる紙袋はお手数をおかけしますが、紐で縛って頂きたいと思います。
Posted by 熊谷俊人 at 2009年10月01日 15:01
外国語版については個人レベルで伝える分にはエキサイトで各言語に翻訳しておくのも良いかな。
http://www.excite.co.jp/world/
試しに中国語・繁体字で翻訳。
可燃ゴミ→可燃垃圾
不燃ゴミ→不燃垃圾
回収なし→沒有收集
廃紙・布類→廢紙·布類
びん・缶・ペットボトル→瓶·鍋爐·PET瓶
朝8時までに出してください。→請早上8點之前出。

ごみの出し方の外国語版は準備中とのこと。
http://www.city.chiba.jp/kankyo/kankyojigyo/shushugyomu/gomitop.html

期限切れの醤油などは中身を水で薄めて捨てて、瓶の素材で判別。
判別できない場合は製造元に問い合わせるのが確実です。(空気クリーナの紙っぽいフィルタの処分方法を問い合わせたことあり→不燃ゴミになるのは変な感じ)

固化剤で固めた油は、加熱するとまた油に戻り燃焼させられるため、燃焼ごみとして出せるという事ですが、佐倉市、成田市、大網白里町など7市2町では資源として回収してるそうです。
http://fukup.info/tempura/chiba.html
Posted by 緑区の狼 at 2009年10月01日 23:36
ザツガミダーの着包みが完成したら、教えてください。これから冬にかけて装着してみたいです。夏場だと三分間ももたないかもしれませんが。
Posted by 家のなかではバイキンマン at 2009年10月04日 07:06
市政だより2010年5月15日号のトップはゴミ削減でしたね。
ザツガミのザの字も出ていませんでしたが
ザツガミは何処でどの様に処理されるのでしょうか?
投資と効果、どうだったのでしょうか?
効果が無ければ速やかに次の手を!
過ちを改めるにはばかること無かれ!
事無かれ主義は今までと変わりませんよ!
Posted by ごみウォッチャー at 2010年05月16日 19:48
ご意見ありがとうございます。
雑紙の処理については市のホームページに詳しく掲載していますのでご覧下さい。私たちのホームページが分かりにくいせいもあるのかもしれませんが、ここでご質問される前にまず調べてから質問して下されば有難いです。
また、効果が無ければこんな施策は実施しません。古紙布類の回収も大幅に増加しましたし、焼却ゴミの削減によってゴミ処理費用も削減することができました。
Posted by 熊谷俊人 at 2010年05月16日 20:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック