【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2009年12月20日

中高生座談会、子どもが考える千葉市の未来

この日はきぼーるで行われた中高生座談会に出席。

22名の中学生・高校生とまずはお昼を一緒に食べながら軽い話題で意見交換。
「市長はなぜいつもニヤニヤしているんですか?」という質問まで頂きました。「人前に出るのは私にとっては本来ストレスフルなこと。それを感謝に変えられるよう、まず笑うように心がけています」と答えました。
昼食後、いよいよ2時間の意見交換です。

091220chuukousei.jpg

・東京に行く電車の便をもっと良くして欲しい
・市内の交通も問題。緑区、若葉区はバスが殆ど来ない地域もある
・バスが時間通り来ない。あとどのくらいで来るのか電子掲示板がバス停に必要では
・ポートタワー周辺の公園が整備されていない箇所がある
・テニスコートは壁打ちなど一人でできるスペースも用意して欲しい
・塾に行かないとまともに受験勉強できない状況は問題
・子どもが遊べる公園を整備して欲しい
・子どもの街のような取り組みをずっと続けて欲しい
・自転車に優しい街に(同意見多数)
・自分達の地域はまず挨拶をするようにしている。防犯にもなる
・生徒会でお世話になっている地域の清掃活動をしている
・タバコのポイ捨てが本当に多い。もっとポイ捨て禁止を市民に伝えて欲しい
・通学路で危険な場所が多い。通学路には必ず歩道を(同意見多数)
・中央公園にある情報掲示板は必要ない
・千葉駅周辺に自転車を置くところが少ない
・祖父が倒れ介護を真剣に考えるようになった。普段から介護などを市民が身近に感じ、考えられるよう工夫を
・緑区には遊歩道があって四季を感じられる。もっとこうした道を市内に増やして欲しい
・千葉市はこれといった魅力がない。インパクトが無い。今あるものを生かして特色を(同意見多数)
・昭和の森をもっと活用すべき
・ゴミ箱が少ないからポイ捨てが増える。シンガポールのように至るところにゴミ箱を設置しては
・中国は以前は空も地面も汚かったが、今は一気に綺麗になった。日本は中国と比べてゴミ対策のスピードが遅い
・幕張メッセ周辺はビッグサイトなどと比べると周辺に買い物を楽しめるエリアが無い
・幕張メッセでもっとサブカルチャーのイベントを行うべき
・中学生議会に出席したが、発言者も内容も事前に決まっている退屈なものだった。今回のように形式ばらずにディスカッションできる方が良い
・浦安市のように街角に緊急連絡装置を設置して欲しい
・道路標識の外国語対応、特に中国語や韓国語が必要では
・審議会には学者だけではなく当事者も入れるようにして欲しい
・農業と触れ合う機会ももっと増やして欲しい
・マンションの高さ制限について市はもっと考えて欲しい
・栄町を通ったが、いかがわしい店が多く怖かった
・日本は行政と市民が離れている気がする
・歩道の段差解消を
・モノレールは運賃が高い。せめて世界一長い懸垂形だということをもっとアピールすべき
・図書館の費用を減らさないで欲しい。希望者が多くてなかなか借りられない本が多い
・学校図書館だと競争率が低い場合もある。図書館ともっと連携しては
・ボランティア関連の情報を知る機会が少ない
・SNSなどで市民同士が意見交換できるような仕組みを
・学校で今日の件も含めて市内のイベントの周知をもっとして欲しい

また、最後に「子ども議会」「生徒会」「公園・遊び場」などについて少し聞いてみました。
私は大人になる前に「自治」とは何かを知る生徒会が非常に重要だと思っています。学校という場をただ教育を受ける受動的な場と考えるか、自分達の場所として運営に関与するか、この差はその人の将来の市民自治に対する考え方に大きく影響を与えるはずです。そこを抜きに「民主主義とは。市民自治とは」、「20歳になったら投票権について考えましょう」などと言っても全く説得力がありません。
生徒会により多くの子ども達が興味を持つように、そしてもっと有意義な活動ができるように私は支援をしていきたいと思っています。

中高生からは
・他の生徒会がどういう活動をしているのか知る機会がない
・稲毛高校は他校と殆ど関わりが無く孤立している
・生徒会がちゃんと活動しているように見えない
・意見箱があるが機能していない
・生徒会報など、もっと生徒会の活動をPRしていくべき
などの意見がありました。私としても、生徒会長などを一同に集めて生徒会の取り組み発表会のようなものを企画したいと考えています。

ここでは書ききれないくらい良い意見が出ました。
大事なことはこれで終わりにするのではなく、継続的に子どもたちの意見が市政に反映される仕組みを作ることです。中学生議会を別の形に変えるなど色々考えていますので、今回の意見も参考にしていきます。
posted by 熊谷俊人 at 21:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 子ども施策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
市長が言われる「大人になる前に自治とは何かを知る」ということは本当に大切だと思います。

家庭での自治を経験し,初めての社会集団である学校教育の中で,主体として自治を経験する。その経験を,社会に出て仕事や地域の中で生かす。

それが,10年後の千葉市の自治につながるという流れで,未来ある子どもたち自身が自分のこととして感じられるようになることを願います。

そのためには,今の社会人(大人)が自治にコミットしながら,子ども達の自治を受け入れる受け皿を持つ必要があるかなと考えます!

市長の取り組み,応援します!
Posted by くるしま at 2009年12月21日 05:32
昨日は貴重な体験を頂き、ありがとうございました。
熊谷さんが千葉市長に就任してから千葉市が良い方向に進むんだなーと今回の座談会に参加して実感しました。

それと良い意見をあまり言えず申し訳なかったです。

本当にありがとうございました><
Posted by さいとうさん at 2009年12月21日 14:35
こんにちは!
昨日はありがとうございました。
昨日話し足りなかったこともたくさんあるのでまたお時間頂けたらと思います。
8月にCBTもあるし、またまた市長のお力をお借りすると思いますが頑張りましょう!

わたしもブログ更新がんばります。。
なかなか大変ですね。。
Posted by しげ at 2009年12月21日 19:56
精力的な活動、本当にお疲れさまです。
このような若い世代の方々に、千葉市に対して如何に愛着を感じてもらえるかが将来の千葉市の運命を決める事になるのでしょう。
東京への交通の便、一考の余地がありそうですね。埼玉や神奈川に比べたら電車の本数、利便性で劣っているように思います。
当然、流れの悪いところに人は集まってきません。
個人的には飛行機の騒音対策に真剣に取り組んで頂きたいと思っています。
Posted by 千葉市民 at 2009年12月21日 21:59
いい意見がたくさん出て、皆にとって有意義な会合だった様子が伺えます。
市民としての自覚、責任をどうやってもってもらえるか考えていくいいきっかけに
なるといいですね。
Posted by ベイタウン一市民 at 2009年12月23日 00:40
>塾に行かないとまともに受験勉強できない状況は問題

「まともに受験勉強できない状況」ってどのような状況なのでしょうか。第二次ベビーブーマー世代の私から見れば、同世代人数が圧倒的に少ない今の中高生たちは、個人のちょっとした努力だけで、十分に上にあがれると思うのですが。
甘ったれていない?、とつっこみたくなるのは、私だけでしょうか。

Posted by 花見川区民 at 2009年12月23日 01:43
この子達の中から熊谷二世が育つことを楽しみに応援したいと思います。政治の事に興味を持ったのは、熊谷市長の出現からでした。
とても新鮮な思いに駆られて選挙に参加した事を今も思い出します。是非この啓蒙活動を続けて下さい。
Posted by 稲毛区:草間 at 2009年12月23日 09:34
この会でお世話になった高校生です。
無事に仙台に進学することが決まりました。

もう千葉市に住むことはないのかもしれない、
そう思うと、この会に参加したことが唯一の
千葉市に対するアクションであって、
それが市長さんへの図書館費用の追加要求(笑)でした。

あとは「私が」この会の趣旨を取り間違えたのであろうか、
私は、私の夢を語り、しかし、遮られ。
不満の残る会でした。

改善を期待します!
会の名前は市政について語る会、でいいんじゃないですか?
Posted by 核融合 at 2010年03月05日 23:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック