【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2010年01月27日

給料最大9%カット、退職金カットで合意

昨日、職員組合と最終交渉を行い、給与削減について合意を得ることができました。

●財政再建のため異例の大幅削減
この合意に基づき、政令市初の退職金カットのほか、最大9%の給料カットという異例の削減を行います
さらに職員給与のカットに加えて特別職の給与削減も行います。既に市長・副市長は給与・期末手当を大幅カットしていますが、ここに常勤監査・教育長も加え、退職金と合わせて削減をします。

●前年度と比べ総額50億円以上の人件費削減
今回の給与カット案が議会で承認されれば、これに加えて定数削減を140人分、仕事量の見直しによる時間外手当の縮減、昨年末に実施した期末手当の削減などを合わせると、平成22年度の人件費は平成21年度当初予算と比べて50億円以上の削減となります。
さらに外郭団体の役員数や報酬の削減にも踏み込みますので、その効果や予算編成の中で実施してきた事業の徹底的な見直しにより、千葉市役所は相当スリム化することになり、早期健全化団体への転落阻止も見えてきました。

●職員のモチベーション向上にも取り組みます
もちろん、給与を引き下げることは決して褒められることではありません。職員の半数以上は市内に在住していますので、その所得が減るということは消費にも若干の影響があるでしょう。職員の意欲低下も懸念されます。
しかし、財政再建という大きな目標のもとで職員・市民全てが力を合わせる体制はこれで整いました。職員組合も本当に苦しい判断だったと思いますが、市の将来を考え英断してくれたことに感謝します。この給与削減が職員のモチベーションダウンにつながらないよう、働き甲斐のある職場作りに一層取り組んでいきます。

●これから千葉市を支える若手への配慮は忘れていません
もう一つ、若手(20代)の削減幅は1%としました。
当初は若手も3%カットが案として出ていましたが、若手に責任はありませんし、また優秀な新卒が入ってこなくなれば、将来的な千葉市の活力が損なわれます。彼らが若手で無くなる頃には給与カットが解消されるようお互い全力を尽くしていきます。

今まで実施してきた給与カットからの変更内容は以下の通りです。

<月額給料>(来年度から)
・局長級 △3% ⇒ △9%
・部長級 △3% ⇒ △9%
・課長級 △3% ⇒ △7%
・課長補佐級 △2% ⇒ △5%
・係長級以下 △1% ⇒ △3%
 (ただし若年層は△1%)

<退職金>(今年度末退職分から)
・管理職 △3%
・非管理職 △2%


posted by 熊谷俊人 at 11:36| Comment(11) | TrackBack(0) | 財政・予算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「政令市初の退職金カット」「最大9%の給与カット」という大仕事、市長、本当にご苦労さまでした。
また、その削減を理解して受け入れた千葉市の職員の方々も本当に立派だと思います。
千葉市の財政再建に、本当に大きな一歩だと思います。
私たちも、千葉市民として、協力出来るところは協力して、この難局をみんなの力で乗り越えていきましょう。
Posted by 稲毛区園生町民 at 2010年01月27日 12:30
熊谷市長殿、ご苦労様です。職員組合幹部の方々の英断、ご苦労様です。今後、職員への理解を求める大切な仕事が残ってますが、市内在住職員は分かってくれるでしょうし、市外在住職員でも分かってくれるでしょう。
市外在住職員の負担を少しでも軽減するためにも、また住民の防災意識を挙げるためにも、防災訓練は町内会・自治会を主体に行うことを提案します。夜間・休日に災害が発生したら、遠い地区から駆けつけれません。
夜間・休日も職員が居る警察・消防を軸に「防災は自分たちの手で」が基本でしょう。
Posted by 緑区の小父さん at 2010年01月27日 16:53
一定の評価はできるが、削減率の根拠がよくわからない。千葉市の勤労者の平均給与と比較してどうなのか?を示して欲しい。
Posted by 匿名 at 2010年01月27日 16:56
市長も職員の方も、市の再建のためにがんばっているんだなと感じました。将来、財政再建を果たし魅力ある千葉市に生まれ変わって、賃金等の支払いに余裕がでてきたらベースアップなどのご褒美をあげてください。
Posted by 手島 義章 at 2010年01月27日 19:33
ちょっと甘いかなーというのが正直な印象。
夕張市ほど下げろとは言わないけど、
最大二桁%カットは実施してほしかった。
若手の給料は1%のみというのは賛成です。
Posted by JEF at 2010年01月27日 20:21
職員の半数以上が千葉市民とありましたが、職員の居住の自由はあるにせよもっと職員に千葉市民が増えてほしいです。
千葉市の問題を市民の目線で見るには自身が市民になることが一番でしょうから。
安定的に収入のある公務員が市内でお金を使えば市の景気にも繋がりますし。
市内に住んで例えばモノレールで市役所に通うだけでも大きいはずです。
職員の給与削減については若手へ柔軟な対応をされたことが素晴らしいことだと思いました。
いくら公務員とはいえ財政が厳しい状態で、ややもすると大幅な給与削減もあり得るなか、千葉市に来てくれた若い職員を失望させてはならないわけですから。
Posted by 千葉市花見川区民 at 2010年01月27日 21:11
財政削減のために給与カットはやむ終えないことかと思います。人員削減も必要です。

しかしながら、行政サービスが低下することは避けたいものです。

そのためには、ボランティアの活用を積極的に行うべきかと思います。
千葉市には100万人近くの市民がいます。その中には民間企業を退職して暇をもてあましている人も結構いるわけです。
子育てが終わって時間が取れる主婦もいるわけです。

そういう人たちを組織化して、千葉市の行政サービスの一部を担ってもらうということが必要かと思います。

ぜひボランティア課でも作って、行政コストの削減と行政サービスの拡充に役立てて欲しいと思います。

ちょっと気になるニュースを目にしました
学校図書館、人手不足で「閉館」 京都府内の公立中の約半数
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100127-00000025-kyt-l26

千葉市の中学校の図書館の現状はどうなっているのでしょう。もし人手不足なのであればぜひボランティアの活用を市のホームページを使ってでも行ってほしいものです。
Posted by orute at 2010年01月28日 05:59
お疲れ様でした。市長が、敬老会、ロッテ球団、OB会などに、お金の事実を真摯に説明したから、職員も「がんばろう!!」と思ったのだと思います。(特に、この3団体は、影響力や発言力が大きいのに、それにひるまず、お金の事実をちゃんと話す市長の強さに尊敬します。)
こんなにスムーズに給与削減交渉ができる自治体は、千葉市が初めてではないでしょうか?
Posted by 田舎者 at 2010年01月28日 20:11
多くのご意見ありがとうございました。
職員組合にも、そして職員にも申し訳ない気持ちでいっぱいですが、千葉市の将来を考え理解をしてくれて本当に感謝しています。
大阪の橋下知事は組合と大きく対立しましたが、ああいう状況になると本当に職員のモチベーションに影響しますし、今後の労使関係にもしこりが残ってしまいます。今回のように十分な協議のうえでスムーズに給与削減に合意できた市は珍しいと思います。
また、コメントでご提言頂いたボランティアの活用は新設する市民自治推進部で本格化させます。また、職員の市内在住を増やす取り組みも今後促進させていきたいと思います。
Posted by 熊谷俊人 at 2010年03月03日 09:14
職員の給与削減について、いろいろご努力されている、ことはわかりますが、まだまだ無駄な支出があります。「民間だったらクビか降格でしょ!」というひどいことをしている職員もいますよ。市長には、実態はわからないのではないでしょうか?
部署の長に聞いても自分の責任が問われることになるので、庇うだけだと思います。市長自ら、腰を入れて精査すべきだと、思います。
Posted by 匿名 at 2010年03月31日 10:42
職員の給与だけでなく、残業代にも目をむけたらいかがですか?いまどき20万も30万も残業代を支払っている会社がありますか?
昼間はだらだらと働かずに夕方から仕事を始める、平日有給をとって休日に出てきて割のいい休日手当てをもらうなんて手を使っている人もいますよ。法的にはわかりませんが、市民からしたら税金の横領ですよね、これって。
調べ方は簡単。前任者と比べて残業代が異常に増えている人を洗い出せばすぐに見つかります。そんな人を2〜3人見つけだせれば、年1千万円くらいは軽く削減できるでしょう。
その分必要なことに予算を使ってください。
Posted by 匿名 at 2010年04月10日 11:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック