【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2010年02月06日

モノレール社長公募の書類を再配布

昨日の朝、千葉都市モノレール社のページを見ると社長公募の応募資料のダウンロードが締め切られていました。応募締め切りは2月12日までなので「あれ?」と思って事情を聞いたところ、「もともと応募は1月29日までを考えていて配布はその日までとしたが、論文作成などの期間を用意してあげたかったので2月12日までを応募締め切りにしていた」ということでした。
モノレール社には既に何件も問い合わせがあることも判明し、午後には市役所にも問い合わせがありました。

良かれと思って期間設定したことは分かったのですが、締め切りは2月12日とみんな思っているので突然応募書類がダウンロードできないと混乱するだろうということで再度配布することをお願いしました。
私たちも配布期間と応募期間のずれについてチェックし切れず大変申し訳なかったと思います。

というわけで公募にご興味のある方はモノレール社のページから応募書類をダウンロードください。
posted by 熊谷俊人 at 06:30| Comment(6) | TrackBack(1) | 千葉市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一度締め切ってから再度配布はやはりまずいんじゃないでしょうか?あきらめてもうHPをチェックしてない人いたら。あと募集要項を確認していればこんな間際で期間延長やらの問い合わせはないでしょう。配布締め切り後に問い合わせして応募する?そんな数日の思いでモノレールの社長ってできるんですか?どれだけ血税はいってる事業体だと思ってるんですか?ほんとにやる気があっていまの体質をかえれる人材さがしてるんですよね市長は?ちょっとお粗末ですよね。
Posted by なみ at 2010年02月07日 03:50
確かに、モノレールの再建を任せる人物が、応募要項もチェックしていないようでは、どうかと思ってしまいます。
しかし、今回の応募日程について、市長がやはりおかしいと思い、それを行動に移したのであれば、私は、その行動力の方を評価したいです。
変更する事には、批判もある訳ですからね。
ぜひ、良い人材に来ていただきたいですね。
Posted by 稲毛区園生町民 at 2010年02月08日 08:56
こんにちは。若葉区在住です。

これ、募集がはじまった時点で問い合わせしました(笑)。その時にはモノレール社と市役所に別々のページがあり、モノレール社ではリンク切れで資料がダウンロードできませんでした。あいかわらずなんですね。

さて、現在千葉市図書館でパブリックコメントを募集しているのですが、ページにメールアドレスの記載がありません。あんまり突っ込まれたくないのかもしれませんね。

http://www.city.chiba.jp/kyoiku/shogaigakushu/chuotoshokan/kanri/serviceplan2010.html

昨日図書館で話を聞いて来たのですが「予算が付かないと何もできない」し「何に優先順位を付けるかどうかは議会の判断」なので、優先順位を付けずに総花的な内容にしたそうです。

これからブログ記事を書こうと思っており、トラックバックさせていただきます。内容をご覧頂き問題なければご承認ください。
Posted by hidezumi at 2010年02月12日 08:15
せっかくですから、千葉市図書館のパブリックコメントの募集方法を転載しておきます。

1.郵送:〒260-0045 千葉市中央区弁天3-7-7千葉市中央図書館管理課
2.FAX:043-287-4074
3.電子メール:kanri.LIB@city.chiba.lg.jp
4.持参:千葉市中央図書館、地区図書館、分館、公民館図書室、各区役所の総務課

「予算が付かないと何もできない」とあきらめ、「何に優先順位を付けるかどうかは議会の判断」と判断を政治家に丸投げしてしまうのであれば、なんと主体性のないことでしょう。官僚的と言われてもしょうがないですね。

でも、市長のこのブログを見ている人たちは、少なくとも問題意識を持っていると思います。
どんなことでも良いから、この問題に対して意見を述べてみませんか。
Posted by 稲毛区園生町民 at 2010年02月12日 12:34
ご意見ありがとうございました。
ご批判は覚悟をしていますが、あまりに締切機関の方が先に出てしまっているのでやる気があるのに応募できない人が出ることは避けたいと思っています。税金を投入しているモノレールの再生を託すわけですから、少しでも多くの選択肢から選びたいと思っています。

パブリックコメント手続きのご意見については改善に向けて指示を出しています。担当の姿勢については現場の気持ちとしては理解しますが、自分たちで何を勝ち取りたいのか、優先順位を明確化することが必要ですね。
Posted by 熊谷俊人 at 2010年03月03日 09:37
公民館運営審議会委員の募集が3月15日付け「ちば市政だより」に2ページ目に載ってました。ところで、応募資格の二項目に「家庭教育の向上に役立つ活動を行っている方」とあります。具体的に、どのような活動をしている方が資格ありと認められるのでしょうか?
募集の詳細は以下のURL。
http://www.city.chiba.jp/somu/shichokoshitsu/koho/dayori09/download/0315-02.pdf
Posted by 家庭教育に興味ある老人 at 2010年03月23日 15:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

パブリックコメントと政治家の役割
Excerpt: 政治家が明確な指針を示さないと具体的な政策がピンボケしたものになってしまう。そもそも政治家にビジョンを立てる能力や意思がないとビジョンの示しようがない。そして、そうした政治家を選んでしまったのは結局有..
Weblog: Keynotes
Tracked: 2010-02-12 09:13