【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2010年02月17日

市立青葉病院を視察

代表者会議の後、市立青葉病院を視察し、その後意見交換。
青葉病院では救急に力を入れているため、ICUなどの救急現場の状況を確認したほか、海浜病院と比べても老朽化が著しい院内保育所も合わせて視察しました。

100217aoba.jpg

意見交換で出た意見を少し紹介します。

・どんな病院を目指したいのか明確に
・青葉病院は市内の救急患者を相当受け入れている病院
・医師だけでなく、優秀な看護師や事務員を確保するため人事制度を柔軟にして欲しい
・市からの職員が短期間で異動するのは好ましくない。病院専門職を
・地域連携室が正式に組織に位置づけられていない
・千葉市の救急医療体制、特に夜救診は非常に優れているが、これでカバーできるのは半分
・1次で一旦診察して2次に振り分ける猶予のない患者はいきなり2次に回さざるを得ないが、受け入れない病院も多い
・2次病院できちんと救急を受け入れている病院を評価し、リソースを比重配分をするべき
・青葉病院は2次医療に位置づけられているため軽症の患者は1次に行って欲しいが、市立病院であるため市民からクレームを受けることがある。救急医療体制の維持には市民の理解が不可欠
・行き倒れや保険のない人、身寄りのない人など私立病院が受け入れない患者も公的病院の責務として受け入れており、未収金が増える一つの要因となっていることは理解して欲しい
・看護師が居なければ医師をいくら確保しても患者の受け入れ拡大は難しい。市長マニフェストにある院内保育所の設置や24時間保育、病児保育の実施を是非お願いしたい

2つの病院を視察して感じることは病院の役割分担、位置づけを明確化する必要があるということです。千葉市は他の市よりも医療機関が集積していますので、その中で市立病院の果たす役割とは何なのかを明確にして、自主的自立的な運営を可能とする体制に移行していかなければなりません。
この記事へのコメント
病院の役割分担は、非常に大事です。
本来、市民病院や大学病院のような大病院は、紹介状が無いでは、行ってはいけない病院だと思います。(つまり、入院用の病院だと思います。)
あと、子どもの医療費無料化は、通院は反対です。(タダだと、次の日の朝に治療してもらえば良い場合でも、夜中に開いている病院に治療に行く親がいるので。)
個人的には、外来病院(診療所)は、家族全員が同じ病院に見てもらうことにより、家族の生活スタイルも指導してもらえると思います。
Posted by 田舎者 at 2010年02月17日 22:08
開かれた医療
病院にはもう少しこれをやってもらいたいと思います
医者と言うのは閉鎖的ですね
地域の連携に力を入れてもらいたいですね
大学の繋がりでなく
それには
もっと市民病院などが開かれたものにしていかなければいけないと思います
ある程度の情報も共有できるような施設などがあると理想ではありますね
スピードアップにも繋がりますし
Posted by 通りすがりの都在住 at 2010年02月17日 23:03
意見には個人差があります。市立病院は、保健福祉局健康部の中の一部門ですよね。実は事務員や医師・看護士・薬剤師など皆さん千葉市の公務員ですよね。(医者や看護士などは特別職というのでしょうか?間違ってたらすみません)。25年市長が訪れたことがないなんて!まあ、前市長は東大卒・国土庁出身のTHE官僚だった方なので、福祉には興味がなかったんでしょう。あまり知られていないのですが、昨年に某週刊誌の病院特集の中に、千葉市立病院も記事が載ってました。民間の看護士さんの平均年収が4〜500万だそうなのですが、(当時の)千葉の市立病院には年収1000万の准看護師が1名いるとのことでした(そういった公立病院がいくつかある例の1つとして)。これは、公務員であるがゆえの年功序列・勤続年数によるものとのことです。コメントに何人かの方から、市立病院は経営感覚を持って!とありましたが、言うは易く、実行は非常に難しいですよね。現在、国で公務員改革をしようとしていますが、右肩下がりの成長の中で、今後公務員の年功序列や、勤続年数による給与体系をどうしていくのか、また赤字=即、廃止や民間委託ではなく、どれくらいまでなら税金を投入して、市立病院を維持していくことに市民が納得するのかなど、一筋縄ではいかない問題と思われますし、大いに議論が必要と思われます。現在、公営企業法の一部適用から全部適用に変えていくという改革を行おうとしているところのようですが、いままで市民も余りに無関心だった・市も情報公開をほとんどしてこなっかたという現状を打破するためにも、市民はもっと現状を知る・市は情報を正直に開示していくことから始めなければいけないのではないでしょうか?市民1人1ヶ月50円・年600円×約100万=5〜6億円程度なら、赤字を補填してでも安心できる病院を維持していくのは悪い話ではないと個人的に思っています。繰り返しになりますが、意見には個人差があります。最後に熊谷市長、32歳の誕生日(2月18日)おめでとうございます。お体に気をつけて、ご活躍ください。
Posted by 花見川に住む者 at 2010年02月18日 01:34
自由民主党の時代が長く続きすぎ、年収1000万の准看護師が、なんともなく受け入れられてしまう土壌ができてしまったのでしょうか。
看護にも高度な技術なりが必要とされる分野もありと聞きます。比較的能力給にシフトしやすい分野だと思います。
規制緩和を政府にさきがげておこなえば、日本の数少ない成長産業である医療関係の企業(本社)を千葉市に誘致できるのではないでしょうか?
Posted by 厚労省を千葉市に at 2010年02月18日 08:12
日本は高齢化社会になっていく中において、これから病院にお世話になる人たちが増えてくると思います。
人間は病気にかかったらいくら自分の体でも、自分では治せません。医師や看護師のお世話にならなければなりません。
自主的自立的な運営を目指すことも必要ですが、経営的な感覚だけに固執して欲しくはないですね。
あと、最近税金を払っているからということで知る権利があるとかで行政も神経質になりすぎているように思います。
Posted by 千葉太郎 at 2010年02月18日 19:12
入院中は、医師の先生方や看護師さんにはとてもお世話になります。
いつでも笑顔で仕事ができる環境になるといいと思ってます。

ちなみに、私が通っている千葉大病院ですが、本来のキャパは1900人いくかいかないかぐらいなとこに、多いときは2300人以上の患者さんが来院します。(予約人数のみ)
Posted by 難病患者 at 2010年02月18日 21:09
ご意見ありがとうございました。
海浜病院の方である程度コメントしておりますので、ここでは詳しくは申しませんが、今まで以上に病院が自由で責任をもって経営できる環境を構築していきたいと考えています。
Posted by 熊谷俊人 at 2010年03月03日 14:39
階段昇降などの福祉市民事業をやっています。青葉病院では地域連携室が組織に位置付けられていないそうですが、地域連携そのものはきちんと行われている印象です。友人が自宅で終末医療を受けたのですが、青葉病院から地域の往診診療所につないでいただき納得の終末期を過ごすことができました。しかし、海浜病院に関しては地域連携室が機能しているとはいえない状況です。市長への手紙に詳しく書きましたが、今後の改善をこころから望みます。
Posted by 岩橋百合 at 2010年03月18日 11:12
青葉病院に通院しています。お世話になっております。

外来初診は 病歴等を全てお話する為診療時間は長いです。

初診が多い日は 再診は予約時刻より大幅にずれこむ様です。(90分後等)

外来初診を予約制にできないものでしょうか?
Posted by 病院初心者 at 2010年04月16日 15:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック