【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2010年05月05日

日本赤十字社、千葉医療センターを視察

報告が遅くなりましたが、4月30日に日本赤十字社千葉県支部、国立病院機構千葉医療センターを視察しました。

日本赤十字社千葉県支部は千葉市役所の斜め前にあります。先日移転したばかりで綺麗な建物でした。
ここは災害時に千葉県各地に救援物資を配るための倉庫があるほか、輸血用の血液配送センターの役割も担っています。
色々な意見交換をしましたが、5月1〜30日まで千葉県立美術館にて日本赤十字社所蔵の美術展が行われることを知りました。日本赤十字の活動に賛同した著名な芸術家の作品が一堂に会する非常に素晴らしい展覧会です。有名どころだけでもピカソ・柿右衛門・東山魁夷・梅原龍三郎・東郷青児などが挙げられます。是非ご覧ください!

100430nisseki2.jpg
1Fには一般向け広報コーナーもあります

100430nisseki.jpg
千葉県に一台しかない車両


国立病院機構千葉医療センターは増田院長を先頭に千葉市の救急患者の相当数をお引き受け頂いており、4月からは夜間産科救急医療も担って頂いています。
新病院の建設がようやく終わり、6月1日からいよいよ開院します。市長としてビフォア―アフターを知っていた方が良いだろうということで移転前の姿を見させて頂きました。

100430iryou.jpg
奥が新病院。手前が現在の病院です

100430iryou2.jpg
この記事へのコメント
はじめてコメントさせていただきます。
私の家族が脳梗塞で深夜に倒れた際、救急で受け入れてくれたのが医療センターでした。
先日、再診に同行した折、新しい病棟がほぼ完成しているのを見て心強さを感じました。

私がこれからの市に期待しているのは、やはりより多くの医療スタッフを育てて、支える施策をお取りいただくことです。
医療施設は、それこそ金銭を積めば建設できます。
しかし、心と技術を兼ね備えた優秀な人材を確保するのに苦労なさっている現状を医療関係者の方からお伺いしています。
市長の海浜病院訪問のエントリーにあるとおり、医療スタッフの皆さんが人手不足であることを感じているのは現場の実情なのだと思います。
自分が市民として見ても、スタッフの皆さんが疲労困憊であることを強く感じます。

脱・財政危機が宣言されている中で、多くの制約があることは承知してはいるのですが。
ただ、人を大切になさる熊谷さんなら…と、自分は密かに期待しております。
Posted by にとう at 2010年05月07日 01:53
ご意見ありがとうございます。
医療についてはどれほど財政が苦しくとも行政として一定の役割を果たす必要があると考えています。
市立・民間を問わず、千葉市における医療環境が少しでも良くなるよう施策展開を進めていきます。
Posted by 熊谷俊人 at 2010年05月10日 18:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック