【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2010年06月29日

幼稚園の預かり保育の現場を視察しました

ちばし環境フェスティバル出席後、市内の幼稚園に移動して長時間預かり保育の視察を行いました。
今年度から新たな待機児童対策として幼稚園における長時間の預かり保育を実施していますが、その現場をこの目で確認し、課題がどのようなものがあるのか伺いました。

100629youchien.jpg

何度かこのブログでも紹介している施策ですが、保育所が足りないと言って巨額の税金を投入して整備を進める一方で、幼稚園は徐々に定員割れを起こしており、中には廃園してしまう幼稚園も出てきています。
幼稚園には優れた幼児教育のノウハウはもちろん、立派な園庭や調理室もあります。このインフラを生かさず、一方で保育所を整備するのは社会全体からすれば非常にもったいないことです。そこで、他市でも幼稚園を活用した保育機能の拡充について取り組みが行われ始めており、千葉市でも今回制度をスタートさせました。

時間のない中でのスタートだったにも関わらず多くの幼稚園が手を挙げて頂き、既に本来であれば保育所に預けるべき子どもがこの制度を活用して幼稚園に通っており、待機児童解消の一助になりつつあります。今後は制度の周知を徹底することでさらに利用は拡大していくことが見込まれます。
保護者の中には「ある程度の時間まで預かってくれるなら、やはり幼稚園に預けたい」という方も多いそうで幼児教育への信頼が感じられます。

一方で、今まで遅い時間まで預かる経験が無いため、シフト制の導入や様々なトラブルへの対応など、保育所が持つノウハウを整備する必要があります。
来月から実施している幼稚園10園と千葉市の所管を交えた協議の場を設置しますので、一つひとつ解決をして充実した制度となるよう取り組んでいきます。

100629youchien2.jpg
先生達のこの笑顔から子どもの笑顔が生まれます


実施幼稚園は以下の10園です。
詳しい内容は市ホームページをご覧下さい。

 ・はまの幼稚園(中央区浜野町1242−4)
 ・植草学園大学附属弁天幼稚園(中央区弁天2−8−9)
 ・まこと第三幼稚園(花見川区こてはし台6−21−1)
 ・まこと第二幼稚園(花見川区花見川6−18)
 ・おゆみ野南幼稚園(緑区大金沢町381−1)
 ・おゆみの幼稚園(緑区おゆみ野4−30)
 ・植草学園大学附属美浜幼稚園(美浜区高洲1−17−8)
 ・千葉敬愛短期大学附属幼稚園(美浜区高洲2−2−16)
 ・高洲幼稚園(美浜区高洲3−3−12)
 ・真砂第一幼稚園(美浜区真砂2−17−82)

幼稚園における長時間の預かり保育実施について

posted by 熊谷俊人 at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 子ども施策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
保育園・幼稚園それぞれの長所を活かして、連携・協力できるといいですね。
以前、市長さんは「幼稚園就園奨励費を減額せざるをえなかったことは断腸の思いだった。早期に財政再建を成し遂げ、増額を検討できるようにしたい」と書いておられます。
現場の取り組みを支援するために、そして、子どもからおとなまでの学習権をするために、財政事情が困難であっても、教育予算は可能な限り確保するべきだと思いました。
Posted by 一市民 at 2010年06月30日 15:15
オルガンの際の方は何方でしょうか?
教育長か、未来局の方か?
視点を揃えることは無くても、同じ場面を見て協議に向かうことは必要です。10人10色でないと偏りますから。それにしても子供たちに接する熊谷市長の姿は優しく映りますね!
Posted by 稲毛区:草間 at 2010年06月30日 22:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック