【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2010年06月30日

姉妹都市の縁でパラグアイ大使とともに観戦

おはようございます。
昨日は大変な夜になりました。

サッカーW杯、日本vsパラグアイ戦が行われましたが実はパラグアイの首都アスンシオン市と千葉市は姉妹都市です。しかも、今年は姉妹都市提携40周年にあたり、秋には国際文化フェスティバルでアスンシオン市の方々をご招待してイベントを行う予定でした。
こんなめぐり合わせはまたとないということでパラグアイ大使館に働きかけた結果、トヨトシ駐日大使が快く応じて頂き、ともに千葉市で試合を観戦することになりました。

当日はきぼーるを会場とし、パラグアイ大使館や関係者、市内で国際交流に取り組んで頂いている方々などを招待し、国際色豊かな雰囲気で試合観戦。
マスメディアも各種テレビなど20社を超える報道陣が駆けつけ、千葉市とアスンシオン市が姉妹都市であることを全国にアピールできたと思います。市民の皆さんもこの報道で「千葉市がアスンシオン市と姉妹都市であることを始めて知りました」という方々も多く、本当に良いきっかけになったと感謝しています。

パブリックビューイングも検討したのですが、前回実施した中央公園では周辺環境への配慮が必要であることなど様々な課題があり、実施することはできませんでした。こうした形での実施となったことをご理解頂ければ幸いです。
今後はこの縁を大事にして、パラグアイとの国際交流を一層盛んなものにしていきたいと思います。

100629soccer2.jpg

100629soccer.jpg

100629soccer3.jpg

試合は皆さんご存知のとおり延長終了後も0-0で最後はPK戦で敗北。
本当に残念ですが、最後まで走り続けた選手にありがとうと言いたいですね。
posted by 熊谷俊人 at 07:14| Comment(6) | TrackBack(0) | 千葉市の魅力PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
姉妹都市ということは朝のTVで知りました。ホントにハラハラドキドキ、息もつかせぬ良い試合でした!!死闘でした。結果は後一歩だけに余計悔しかったですが、感動を与えてくれました!(b^ー°)
4年後はジェフから代表選手が選出されて、もっと盛り上がる事を期待します。
Posted by げんきちば at 2010年06月30日 07:58
パラグアイ VS スペインは、もちろんパラグアイを応援しまっせ! 
Posted by 日の丸が好き at 2010年06月30日 11:59
観戦の模様は朝のTVで何度も紹介されていました。千葉市の良いアピールになったのではないかと嬉しく思います。

ところで、会場となった「きぼーる」は、2007年、千葉市が総事業費432億円と多額の市税をつぎ込んで完成させた、いわゆるハコモノですよね。
多額の運営経費もかかっていると思います。市長も市議の時代に危機感を感じていらっしゃったはずですが、完成から3年経った現在、どのように活用されているのか、気になります。
情報開示されているのでしたら、ぜひ、教えて下さい。
Posted by 稲毛区園生町民 at 2010年06月30日 14:19
小学校では必ず「千葉市の姉妹都市」を学んでいるはずです。
私が小学生の頃はアスンシオン市の他に、ノースバンクーバー市とヒューストン市とケソン市が姉妹都市でした。最近は随分増えたようですね・・・
アスンシオン市がパラグアイであることは知っていましたけれども、首都である事は今回初めて知りました。
Posted by くら at 2010年06月30日 21:14
息子が熱心に見ていました。
私も延長戦とPK見れました。
PKの時に、「あぁこれは本当にゲームなんだ」と思い、勝負は運・・・と思ったり。
なんにせよ、とても良い試合だったと思います。
清かったです。
Posted by ふみ at 2010年06月30日 21:48
いつも閑散としているきぼーるがテレビに映ってびっくり。
こんなイベントがあったんですねー。
今回は夜中なので、一般解放には問題があるかと思いますが、どんどん有効活用して欲しいですね。

それから、Yシャツの上にTシャツは・・・。
Posted by くろびっち at 2010年07月01日 10:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック