【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2010年07月17日

千葉市市立病院事業管理者を選任しました

千葉市では市立海浜病院と市立青葉病院の2つの市立病院があります。
他自治体病院と同様、千葉市の市立病院も経営改善を進めていく必要がありますし、千葉市の医療の中でどのような役割を果たすのか、2つの病院の役割分担・他病院との役割分担などを整理していかなければなりません。

そこで、千葉市は来年度2つの市立病院を一緒に管理する部署を設立し、半独立型の病院経営を行うこととしました。そのトップが病院事業管理者で、この間慎重に人選を進めてきましたが、このほど守屋秀繁氏を選任しましたのでお知らせします。
守屋氏は現在、鹿島労災病院の院長で、横綱審議会議員も務めている方です。医師の確保、病院経営改善に辣腕をふるって頂く事を期待しています。

千葉市市立病院事業管理者を選任しました

この記事へのコメント
昨日、千葉駅付近に用事があったので、早速千葉駅前連絡所のマリンスタジアム募金箱にお金を入れようと思っていたのですが、箱に辿り着くことができず、結局募金箱にお金を入れることはできませんでした。
(連絡所が休みだったようです。私の勘違いだったらすみません)

お金を出す意志があっても募金箱に辿り着けなかったということは、今回の募金のことに気がついていない大多数の市民からの協力を得ることなどは難しいのではなかと感じました。

募金箱を主要な駅、店などにも設置するなど、気軽に多くの人に協力を得られる環境を作ることが募金成功の鍵になるのではないかと思います。

募金だけのために区役所に足を運ぶ訳にもいかず、残念な状況です。
寄付として銀行振込に切り替えようとは思いますが、例えば子供がポケットの中の10円を気軽に募金箱に入れられる...そんな状況が理想的だと思うのですが。
Posted by 稲毛在住 at 2010年07月18日 07:36
「名誉教授のひとりごと」
守屋教授のWEBサイトです。お人柄が良く解ります。適格な人選だと思いました。
Posted by 稲毛区:草間 at 2010年07月18日 09:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック