【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2010年07月28日

子どもたちの1日図書館員、国への要望活動

この日は朝から緑図書館・稲毛図書館に行き、子どもたちの1日図書館員の仕事を見学しました。
これは毎年各図書館が小学校3年生を対象に行っているもので、子どもたちに貸出・返却受付や配架作業などを体験してもらい、図書館のお仕事を理解すると同時に本に一層関心を持ってもらうことが目的です。私も子どもたちと一緒に作業を体験しました。
図書館は大人にとっても子どもにとっても大事な学習機会を提供する地域拠点です。図書購入費はここ数年減額が続いていますが(H22年度は現状維持)、図書館に期待されている役割が果たせるよう今後も機能強化を図っていきたいと思います。

100728tosho2.jpg

100728tosho1.jpg

その後、千葉県経済同友会の総会後の懇親会に出席。
千葉県の経済を支える方々から様々なご意見を頂きました。

午後からは東京に移動し、政令市を代表して民主党、千葉関係の国会議員に対して「平成23年度国の施策および予算に関する提案」を行いました。
大都市として日本の経済を担っている政令市の活力向上無しに日本の成長戦略はありませんが、今までは大都市であるという理由で財源上は不公平な扱いを受けてきました。都道府県の業務も政令市は行っていますが、その業務を遂行するために要する費用の半分も税源移譲を受けていません。また、昨今の地方交付税の削減では大都市が狙い撃ちにされ、他市よりも大幅に削られてしまいました。
今までのように不当に大都市を扱えば、大都市の経済が不調となり、日本全体の税収に響いてきます。そのあたりを重点的に説明をしました。
posted by 熊谷俊人 at 23:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「図書館は大人にとっても子どもにとっても大事な学習機会を提供する地域拠点です。図書購入費はここ数年減額が続いていますが(H22年度は現状維持)、図書館に期待されている役割が果たせるよう今後も機能強化を図っていきたいと思います。」

この言葉は大変うれしく、勇気づけられました。これからも図書館の応援をしていきます。
千葉市の図書館を考える会 石倉雅子
Posted by 千葉市の図書館を考える会 石倉雅子 at 2010年07月30日 00:11
「大都市であるという理由で財源上は不公平な扱いを受けてきました」→勉強不足なので知りませんでした!千葉って大都市なんですか?????国ではそう見られているんですね。大都市とは23区・大阪市とかと思ってました。千葉県全体も税収入は貧しく(浦安市は別ですが・・・)いろんな施策の面で大都市のイメージからは程遠く感じます。財政難で公園の大切な木々の管理もできないから切り倒すと言う貧しい市になっている現状だし(何を優先して財源を当てていくかは難しい問題と思いますが・・・・)
Posted by 稲毛区なお at 2010年07月30日 00:39
稲毛区なお様
千葉市は、十分大都市ですよ。
地方には、3万人や5万人の市、3000人の村がありますから。それに比べれば、大都市です。
23区や大阪市は、超大都市です。(私の感覚では)

財源上の不公平って、まるで三位一体の改革みたいですね。これでは、経費削減のために権限移譲しているように見えます。

AREAの千葉国体の記事見ました。
それにしても、森田知事華やかですよね。(市長も華やかですが、知事が隣にいると普通人に見えます。)
Posted by 田舎者 at 2010年07月30日 17:34
毎日’東奔西走’のご様子、お疲れかと思いますが夏季休暇まで我慢?
大都市かどうかはさておき、緑地の減少は止めなくてはと思います。山と海の環境リサイクルは海洋資源に密接に影響するのだそうです。
Posted by 稲毛区:草間 at 2010年07月31日 17:58
図書館の多くの本は、ちょっと前の新刊書の類。予算が削減されるなら、BOOK OFFなどから買い付けてはどうか。それで浮いたお金で、公立図書館で保存すべき千葉市関連の学術本などに予算をさいてはいかが。
Posted by 西千葉改造計画 at 2010年08月01日 10:36
"田舎者"さん、
 私も雑誌AERAを見ました。役者がかった知事は、丁度「不正経理発覚時」と同じように力み過ぎているように見え、市長は爽やかに見えました。私には、市長は地域に根ざした首長らしくて好感が持てましたが如何でしょうか?

千葉市が政令市になる前後に、子供が幼稚園に通っていた時に購入した幼児向け絵本を引き取って貰ったことを思い出しました。名前の記入も無く、比較的綺麗な絵本を選んで持って行きました。後日、丁寧な礼状まで頂戴しました。市民の方々に、家庭で眠って居る本を、寄付して貰えないか訴えてみては如何でしょうか?
Posted by 緑区の小父さん at 2010年08月01日 13:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック