【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2010年09月30日

10/9 千葉市の医療をみんなで考えませんか?

医療に関するシンポジウムのお知らせです。

医療は「有限の資源」です、と言うと皆さまはピンと来るでしょうか?
私たちが普段何気なく利用している医療機関ですが、それを資源と考えた時、 私たちはどう医療機関を利用すべきか見えてきます。

よく「かかりつけ医を持ちましょう」との呼びかけを聞きますが、、これは私たちの街にある医療資源を一番良い形で活用するために必要なことだからです。 病気になった時みんなが大病院に集中すれば、本当に大病院でしか対応できない患者の診察が遅れるかもしれません。
特に市立病院は不採算となる救急医療、周産期医療、小児医療、児童精神医療など高度・特殊医療を担う病院ですが、軽症でも診療依頼をする方が多く、本来の役割を十分に果たせなくなるおそれがあります。

まず、身近なかかりつけ医に診てもらい、必要に応じて大病院で診てもらう、この役割分担が重要です。 医師や看護師の数には限りがあり、一日に診察できる人数にも限りがあります。医療機関や医療機器も同様です。
そう考えると、医療というのはまさに有限の資源だということが分かります。 医療資源をみんなで分かち合い、必要な人が必要な医療をきちんと受けられる、それが医療の充実した街にだと思います。

こんなことも含めて、千葉市の医療をみんなで考えるシンポジウムを開きます。私もパネリストの一人として出席します。医療に関心のある方、是非お越しください。

●日時:10月9日(土)13:30-15:30
●場所:千葉市文化センター3階 アートホール

詳しくはこちらをご覧ください

この記事へのコメント
日々の活躍を、頼もしく思っています。
今回の医療シンポジウムは、常日頃思っていることもあり参加したいと思います。
マニフェスト工程表を掲げ、粛々と実行している実践力にも傾倒しています。
健康にはくれぐれも気をお使い下さい。
宮崎のように一期で止めないで下さい。
Posted by 稲毛区:草間 at 2010年09月30日 16:00
おつかれさまです!!昨日”初くまメール”を受け取りました。充実した内容、楽しかったです。さて、地域医療の崩壊は他人事ではなく、むしろ千葉市から考えていかなくてはいけないという気がします。なぜなら人が多い分だけ医師の負担も大きくなりますし、市長のおっしゃるように人気が大病院に集中してしまえば、危機的病状に対する診察が遅れてしまうからです。そんなことで大切な生命が失われる必要はないですね。
シンポジウムは途中からでも大丈夫なら参加できるかもしれません。
その翌週行われる認知症に関する市民公開講座は最初から受講したいです。
Posted by じゅん at 2010年09月30日 21:19
医療の問題、私たち市民の意識で改善できるところが少なからずありますね。
市長が今、何を考えていて何に困っていらっしゃるのかをブログやツイッタでリアルに発信して下さることで市政と市民の距離感が近くなっています。市政と対話ができるチャンスを作ってくださったことにも感動と感謝しています。私たち市民にとって市長も有限の資源です。心身ともにご自愛ください。有限の資源を考えていたら市長もそうではないかと思い話しがそれてしまい失礼しました。
Posted by さくらんぼまま at 2010年10月01日 10:21
皆さま、ご関心をお寄せ頂きありがとうございます。
市長になって感じることは「市民でできることは市民が思っている上にたくさんある」ということです。一体感をもって市民が取り組めば街はまだまだ魅力的なものになります。医療の件も市民が自分たちの街の医療を守り育てるという意識になった時、千葉市の医療はさらに充実すると確信します。
また、私の心身に関してのお気づかいもありがとうございます。私も常に健康な身体と精神であるように努めたいと思います。
Posted by 熊谷俊人 at 2010年10月01日 11:00
こう言った問題はどうお考えですか?
隣の市ですが、見過ごせない事だと思います。
http://blog.livedoor.jp/cyacyan0706/archives/65400033.html#comments
Posted by i at 2010年10月02日 00:14
当事者のお気持ちは痛いほどよく分かります。一方で自分の家族の死に納得できない気持ちが必要以上に医療関係者に罪を着せてしまいがちな点も事実です。

私もこの立場になり、既に何件も市立病院を訴えている事例を見てきましたが、実際に医療側が有罪と裁判所が判断するケースはあまりありません。
この件についても、今後裁判の中で客観的判断が示されることになると思います。
Posted by 熊谷俊人 at 2010年10月02日 06:25
身体は仕事の資本ですねえ。

漢方には「食養生」という考えがあります。日々の食生活に気を使っていれば、免疫力や抵抗力が高まり、病気をよせつけない体になることができるというものです。
また、仕事が非常に重要ですが、十分な睡眠も必要ですよ。

バランスのとれた食事+十分な睡眠+適度の運動=健康な心身+千葉市の明るい未来
Posted by 外国人 at 2010年10月02日 11:55
8月に田町の塾でお世話になりましたシオです。
医療従事者の立場から、自分たちも千葉市の街づくりに貢献しよう!参加しよう!とヨコの繋がりを深めています。ただ限界も感じています。
市長のおっしゃる通り、医療の問題は、行政はもちろん千葉市に住む「みんな」で考えて、「行動」していかなければいけない事だと思います。「医療はあって当たり前」ではないですし、「すべて医療の専門家任せ」で済ませられる問題ではないと思います。
たくさんの方の意見を聞いてみたいです。シンポジウムをとても楽しみにしています。

Posted by シオ at 2010年10月03日 21:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック