【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2010年10月06日

人事委員会:給与引き下げを勧告 など

この日は朝から人事委員会の報告・勧告を受け取りました。
公務員は労働基本権が制約されているため、人事委員会が市職員給与と民間給与との比較を行い、例年この時期に市・市議会に対して報告・勧告を行います。今回の勧告は月給を0.15%、期末・勤務手当を0.2月分それぞれ引き下げるよう求めるものです。これによりボーナス支給月数は年間3.95月分となり、政令市移行後過去最低となりました。
なお、千葉市は今年度から大幅な給与削減を実施しているため、その減額を考慮すると民間給与を大きく下回ることになり減額の必要は無くなりますが、減額前の本給で比較すべきとの観点から今回の引き下げ勧告につながったものです。

その後は千葉県トラック協会から苗木・記念樹の寄付目録贈呈式
千葉県トラック協会は環境保全のために植樹活動などを行っていますが、今回蘇我スポーツ公園に苗木の寄付を頂けることになりました。近々、市民の方々によって植樹が行われる予定です。
トラック協会では他にも交通安全事業などにも取り組んでおり、交通安全適性診断車の貸し出しも無料で行っています。学校や自治会・企業などから利用申し込みが結構あるようです。ご関心のある方は是非お申し込み下さい。

⇒千葉県トラック協会
 http://www.cta.or.jp/

さらに千葉市農業委員の方々から平成23年度千葉市農政に関する建議書の提出を受けました。
建議書の内容のほか、今月14日に行われる私と農業者との対話会の話で盛り上がりました。農業者と市長が直接対話会を行うことは初めてのことだそうで、農業者の方々の意欲向上と若い方々も含めた現場の方々の意見の取り入れを図りたいと思います。
posted by 熊谷俊人 at 23:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 千葉市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メーカーの海外移転、海外委託生産、発展途上国からの製品の流入で、また国内でも正社員から派遣社員への切替が進んで、デフレ・スパイラルが続き、労働者の賃金が大きく低下しているのに合わせての市職員の給与引下げ勧告。県職員の給与見直し勧告も、県人事委員会から提出されたとのことです。今回の勧告を受け入れると、ラスパイレス指数は幾つになるのでしょうか?
 国家公務員は昨年末から「持家手当て」が無くなりましたが、県人事及委員会び市人事及委員は如何するのでしょうか?
 職員給与引下げの勧告を受けた市議会の方々(市議)は、自らの報酬をどのように捉えるのでしょうか?
首長及び議員の方々には、市民目線、県民目線、国民目線に立って、財政改革に邁進されることを期待いたします。
Posted by 緑区の小父さん at 2010年10月08日 16:37
トラック協会さんに感謝。
開発が行われる度に、失われる緑地は生態系を狂わせ、人に災いをもたらす。コンクリートで固め、アスファルトで覆い尽くすと気象まで変化してしまう。科学の都は自然を荒廃させることなく有りたい。
Posted by 稲毛区:草間 at 2010年10月08日 16:55
千葉県トラック協会から苗木の寄付、ならびに市民による植樹活動予定は環境保全に関する明るい話題ですね。また、「ちとらくん」の搭載機器はどれも使ってみたくなります。今後機会がありましたら、学校や地域で活用していきたいと思います。
給与の引き下げについては、止むを得ないと思われる部分もありますが、「勧告を尊重し、国や他の政令市の動向を踏まえて対応する」という市長の方針に従って、経過を見守りたいと思います。
最後に千葉市の農業が抱える問題としては、農業従事者の減少・高齢化や安定的な食料供給の確保などを思い浮かべますが、市長の熱意で初めての対話会が実りある議論の場となり、今後の千葉市の農業の健全な発展につながりますよう期待しております。
Posted by じゅん at 2010年10月09日 00:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック