【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2010年10月19日

電子黒板を使用した授業の視察

天津市職員との意見交換の後、轟町小学校に移動して電子黒板を使用した授業の視察
昨年度国の補正予算を活用して各学校に地デジ対応テレビを一斉に導入し、さらに各学校に1台電子黒板を導入しました。この電子黒板を使った授業がどのようなものか、今後の教育にどのような影響を与えるのか把握するため、一斉導入前からモデル校として各学級に電子黒板を導入している轟町小学校に来た次第です。

101019denshikokuban1.jpg

101019denshikokuban2.jpg

低学年、高学年の授業の様子を見させて頂きましたが、写真を次々にスライドさせたり、子どもたちが書いた答案を写してみんなで考えあったり、教科書のポイントをマーカーするなど、電子黒板を有効に活用した授業が行われていました。
電子黒板はタッチパネル機能など様々な機能を持っており、映像や音など五感に訴える授業を展開する一つのツールとして役立ちます。導入当初は懐疑的な意見もあったそうですが、実際に導入してみると多くの先生が活用して授業を行っているとのこと。さらに先生同士でノウハウを共有しあったり、様々な工夫を行っているようです。

幕張インターナショナルスクールでも電子黒板は採用されていましたし、他の先進国でも電子黒板は導入されています。電子黒板ですべてが解決するわけではありませんが、先生にとってより中身のある授業をするためのツールとして活用されていくでしょう。
また、先生が独自に作った教材をデータ共有することで優れたノウハウの共有や、ひいては先生の負担軽減にも役に立ちます。

ただ、轟町小学校はモデル校のため各教室に電子黒板がありますが、他の学校は1校に1台です。電子黒板は重いので階をまたいでの移動には適していません。電子黒板の教育効果を最大限に高めるためには、最低でも各階に1台は配備していく必要があるでしょう。今後の課題です。

授業視察後は子どもたちと一緒に給食を食べました。
18日から20日までの3日間は市民の日にちなんで千葉産の食材にこだわった特別メニューとしており、この日のメニューは千葉市産のコシヒカリや根菜類のゴマ汁、県内産の牛乳や鶏肉料理でした。
子ども達から色々と質問攻めに合い、非常に賑やかな食事を取ることができました。

101019todoroki.jpg
posted by 熊谷俊人 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 子ども施策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この日記の写真は何ともほほえましいです。子ども達の視線が市長へ集中しているあたり、質問攻めは容易に想像がつくので、皆かわいらしいと思います。
さて、電子黒板については様々な意見があったようですが、忙しい先生方の負担が軽くなり、授業の質があがる道具であれば、適切に活用してほしいと思います。
今後学習参観や学校行事で効果を確認してみたいです。
Posted by じゅん at 2010年10月21日 16:03
千葉テレビのニュ-スで拝見しました。
会社から帰ってきてロッテ戦の結果が知りたくて(家族が教えてくれない。)千葉テレビにチャンネル合わせたらすぐそのロッテ戦の後で市長が映ってました。ロッテファンの我が家族も機嫌よくコメントしていました。
1 こういう時でも背広なんだ。(ジャ-ジだと先生とわからないだろ。)
2 近くにはしっかりした子供が選ばれているのかしら。(?!恥かしがりやさんだと話せないから。・・・裏読みしすぎだろ。)
すみません。我が家族の熊谷市長への高感度はあがりっぱなしでした。
Posted by 祝ロッテ日本シリ-ズ進出 at 2010年10月22日 13:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック