【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2010年11月02日

ヒューストン3日目:対日セミナー、各種視察

この日は朝から昨日調印を交わしたHTCを表敬訪問。

101102htc1.jpg

101102htc2.jpg

施設を視察した後、朝食を取りながらの千葉市・HTC・JETRO・バイオヒューストン共催のビジネスセミナーを開催。

・HTCからHTCの戦略、テキサス州でのバイオ技術産業について紹介
・バイオヒューストンによるバイオ技術企業の海外進出について紹介
・バイオ系コンサルタントによるバイオ企業の日本進出にあたって考慮すべきポイントの紹介
・千葉市による千葉市やインキュベーション施設、入居企業の紹介
・JETROによる支援メニューの紹介
が行われ、活発な意見交換が行われました。

101102htc3.jpg

101102htc4.jpg

101102htc5.jpg

海外企業に対してプレゼンをすると、千葉市の海外から見た優位性とは何かを考えさせられます。私たちは東京と成田空港の中間に位置し、道路・鉄道の要衝であること、千葉大学を始めとした学術機関が集積していること、海や人工海浜を有すなど自然環境に恵まれていること、などをアピールしました。
質問や意見などで気づいたことは、「知的財産や優秀な人材を有する学術機関がどの程度あるか」「環境系の企業はどの程度あるのか」「先端技術を支えるモノ作りの企業がどの程度集積しているのか」などがよく聞かれるポイントであることです。また、意外と人工海浜については良いリアクションでした。首都に近い場所でこれだけの浜を有していることは魅力であり、有効活用する必要があることを改めて認識します。

HTCで昼食を取りながら意見交換をした後はMDアンダーソン癌センターを視察。
ここは全米でも屈指の癌治療機関で、この癌センターを含む47の医療関連機関が集積するテキサス・メディカル・センターは医療ツーリズム発祥の地とも言われています。
千葉市にも世界最先端である重粒子線治療を行う放射線医学総合研究所が立地していますので、今後の千葉市の都市戦略に大いに参考となるものです。

101102md.jpg

その後、ハーマンパークに移動して日本庭園を視察。
ここは千葉市とヒューストン市の交流の一つの象徴とも言えるもので、毎年ヒューストン日米協会の主催によりジャパンフェスティバルが開催されており、国際関係のイベントでは屈指の人手で賑わうそうです。また、平成19年には姉妹都市提携35周年記念事業の一環として千葉市から日本庭園専門家を派遣し、日本庭園管理の技術指導も行っています。
今までの両市間の交流を振り返るとともに、交流に尽力して頂いた方々に千葉市を代表して感謝を申し上げました。

101102garden1.jpg

101102garden2.jpg

夕方からはジョージ・R・ブラウンコンベンションセンターを表敬訪問。
ここは千葉市で言えば幕張メッセにあたるコンベンション施設で、幕張メッセ側からも施設間交流について意見交換をしてきて欲しいと言われていました。幕張メッセの充実した施設、特に柱が全くない見通しの良いホールについて魅力的だとのこと。今後さらに幕張メッセとの間で協議を進めるきっかけになれば幸いです。

101102convention.jpg

101102convention2.jpg


夜はヒューストン総領事公邸で総領事館と千葉市の共催による答礼レセプション
大澤総領事がウィーンへの転任が決まったこともあり、ヒューストン関係者から惜しむ声が多く出ていました。大澤総領事がこの地で果たしてきた役割の大きさについて認識させられます。
私も今回ヒューストンに来て思ったことは、ヒューストンは観光的魅力に恵まれているわけではないため日本での知名度はそれほど高くありませんが、今も発展を続ける全米屈指の大都市であり、注目度の高い都市です。この都市と姉妹都市提携をした先人に感謝するとともに、この財産を千葉市の未来のために有効に活用したいと思います。

101102reception1.jpg

101102reception2.jpg
左から大澤総領事、ヒューストン市役所のテレンス・オニール氏、総領事令夫人
posted by 熊谷俊人 at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 都市・経済施策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
国際色豊かな日記に目を凝らしています。
アメリカで相当な実力をつけられた市長のお姿と、議場の皆さんの真剣なディスカッションを傍らでお聴きしたく、今週は水曜日と金曜日にお伺い致します。
いつも受付の女性も警備の男性も親切に対応してくださり、感謝しています!
Posted by じゅん at 2010年12月06日 23:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック