【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2011年01月07日

千葉市の子ども参画が朝日新聞1面に掲載

今朝の朝日新聞1面に千葉市の子ども参画の取り組みが掲載されています。
千葉市は昨年4月にこども未来局を設置し、他市よりも先進的な子ども施策を打ちだしつつあります。子どもを守り育てるだけではなく、子どもの知恵を街づくりに活かし、活躍させることが大事です。

子どもの健全育成や教育に関心のある方は是非ご覧ください。
朝日新聞は新年企画として子ども・教育を連載しており、私も興味深く拝見しています。
posted by 熊谷俊人 at 08:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 子ども施策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
朝日新聞の一面「あしたへ」早速読みました。子供の信頼を継続する事はとても難しい。一瞬の油断も許されない。子供たちの感性は鋭い。大人の後ろを良く観ている。しんどい子育てのことに取り組む、市長の日々の生活も6月からは御自身の事でもある。パパの目線で改めて子育て環境を考える日が来る。
Posted by 稲毛区:草間 at 2011年01月07日 10:05
こんばんは。市長査定お疲れ様でした。
今晩は、しっかりお休みくださいね。
今週色々と朗報を教えて頂きましてとても元気になりました。
さて朝日新聞1面の市長の写真の健やかな表情に負けないくらいの澄んだ眼差しを持つ1代目子ども市長に敬意を表しております。
女子高生として新鮮な感性を活かしながら、社会に対する積極姿勢を培ってくれたとすれば、間もなく手にする選挙権を有効に行使してくれることでしょうね。
また市長の同世代としてつぶさに感じとれた記事内容は、首長を目指された頃の周囲の大人の在り方です。
私は女性なのでやや観点が違うかもしれないですが、一方的な大人になってはいけないし、子ども側の意見を聞き受け入れる豊かさを維持しなかったら、自分の子育て感はさみしいし無駄になる危機感を抱えていた時期を思い出しました。
何より「まちづくり」という共通の話題が家庭にある事で日々楽しめますし、超高齢化社会に向けて可愛い子どもたちは一人一人が担い手として活躍の舞台へ立つ事は避けて通れませんので、親子共々「子ども参画」に大賛成でございます!
それではおやすみなさいませ。
Posted by じゅん at 2011年01月07日 22:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック