【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2011年03月01日

産業振興財団と勤労者福祉サービスセンター合併

以前このブログでも説明しましたが、3月1日をもって千葉市産業振興財団と千葉市勤労者福祉サービスセンターが正式に合併しました。
中小企業(経営者・従業員)に対するサービスが一元化されるほか、人件費及び事務室関係経費の減少により年間約2,800万円の経費削減効果が生まれます。

今後も外郭団体の統廃合により機能強化を図るとともに、経費削減に努めていきたいと思います。
posted by 熊谷俊人 at 23:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 財政・予算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
粛々と組織の改革改善が進められ、財政改善が成される経過が良く解ります。余剰人員の扱いには心を痛められるのでしょうが、信念で乗り切りましょう。応援しています。
Posted by 稲毛区:草間 at 2011年03月07日 11:23
国政はぐだぐだなのに、千葉市政は着実に改革が政治主導で進んでいるのですね。対決一本槍の政治はマスコミは面白く取り上げがちですが、やはり議論をつくし野党を説得するのも政治だと思います。4月の選挙では、真の政治ができる方を選ぶように勉強させてもらいます。
Posted by 千葉市の誇り at 2011年03月08日 12:30
合併による経費削減効果、サービス一元化、ならびに情報発信力の強化にも注目してまいりたいと存じます。
Posted by じゅん at 2011年03月09日 21:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック