【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2011年05月29日

三世代同居・近居を千葉市は支援します

26日に定例記者会見で発表した「三世代同居等支援事業」のお知らせです。

この事業は今年度から事業化したもので、親・子・孫などの三世代家族を応援し、高齢者の孤立防止や絆再生を目的とした事業です。
具体的には三世代が同居・近居(1km以内)するための住宅の購入・増改築・借り上げなどの費用を最大130万円助成します

要件は以下の条件を満たすもの
1.親・子・孫を基本とする三世代の家族が同居または近隣(1km以内)に居住すること
2.親が65歳以上で1年以上千葉市に居住していること
3.孫が18歳未満であること
4.同居又は近隣に居住している状態が今後3年以上継続する見込みがあること

補助内容は持ち家の場合は新築・購入・増改築・引越し費用、借家の場合は礼金・引越しなど賃貸借契約に要する費用のうち、実費の1/2(補助限度額50万円、ただし持家で市内業者施行の場合は100万円)、さらに市外から転入した場合は2・3年目に持ち家は固定資産税・都市計画税相当額、借家は家賃相当額を最大15万円補助します。

6/1から受付を開始しますので、千葉市に65歳以上の親がいらっしゃる方は是非活用して頂きたいと思います。
市にとっても家族内で介護や子育てがある程度行われることから公的負担を軽減することができますし、人口流入も一定程度期待できます。
この記事へのコメント
これは素晴らしい。人口減少に向かっている、そして右下がりの時代には、多くの問題を、解決は出来なくても軽減できる対策であると思います。

家庭内の、市場では労働にならない労働が暮らしに役立ち、同時に家庭経済を支えることになります。素晴らしい政策です。
Posted by 赤い薔薇の騎士 at 2011年05月29日 15:22
素晴らしい政策だと思います。君津でも同様の事ができるよう参考にさせていただきます。
Posted by すなが at 2011年06月11日 23:57
質問とお願いでコメントさせて頂きます。「親」の定義で審査に引っかかっているようです。私の両親は離婚をし、現在両方共再婚しており、私は戸籍上父方の姓を名乗っております。それぞれ10年以上の付き合いで血の繋がりのない義父とも義母とも実父母と等しくお付き合いさせて頂いております。今回は実母(62)と義父(66)の家の近くの物件を検討していますが、役所からは戸籍上の関係がないとダメだと言われそうな対応でした。しかし、実際問題で実父母が先に亡くなっても血の繋がりがないからと義父母を介護しないということは私にはありえません。市長の掲げる趣旨に私の環境は当てはまらないのでしょうか?実母が65ならOKで義父が66でもダメという制度なのでしょうか?良くてもダメでも納得のいく回答をお願いします。
Posted by 田中賢次 at 2014年01月20日 17:20
すみません、書き込んでから「コメントの扱いについて」を拝見しました。通らないかもしれませんが、担当者様のお返事を待つことにします。失礼致しました。
Posted by 田中賢次 at 2014年01月20日 17:23
ご質問ありがとうございます。
個別の問題につきましてはこちらで回答することは適切ではないことから、市長への手紙をご活用下さい。
Posted by 熊谷俊人 at 2014年02月02日 16:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック