【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2011年06月13日

市施設における夏の節電対策について

市の施設における節電対策について6日に発表していますのでブログでも紹介します。

国の基本方針では、7月〜9月を夏期電力需給対策の対象期間としていますが、千葉市では各施設の節電計画がまとまったことから、早めて6月13日から実施することとします。
そして、6月13日~9月30日の平日午前9時~午後5時における使用電力を前年比で15%以上削減を目標に計画を策定した結果、各施設合計の電力削減率は15.5%となり、既に実施済みの施策を合わせて1日当たり削減電力量は約69,000kwhとなります。

この計画は契約電力20kw以上の434施設が対象ですが、それ以外の施設でも節電を徹底します。
また、上記時間以外も節電に積極的に取り組みます。
なお、病院、保育所、高齢・障害者(入所)施設など、利用者の生命や安全等に関わる施設は15%未満の削減目標も可能とし、市民生活に影響が出ないように配慮しています。

他にも緑のカーテンを推進するため各区役所でゴーヤの種を配布しました(ちなみに私も自宅で育て中です)。
マリーンズポロシャツなど、楽しく節電する施策なども今後様々展開していきます。

市施設における夏期節電対策について

東京電力からの情報では今年の夏の電力需給はギリギリ、計算していた関西電力からの融通も期待できず綱渡りの電力供給になるとのこと。
計画停電は回避できる見込みのようですが、想定外の事象が発生し、計画停電が実施される可能性も否定できません。既に東電Webには計画停電グループの検索ができるようになっていますのでご確認ください。

春の計画停電では病院を始め重要な施設が次々と停電され、大きな混乱を招きました。
その際に市として計画停電から除外すべきリストを作成し、より細かな停電実施を強く求めてきましたが、仮に今夏に実施する時にはそのリストも参考に重要施設を除外していくようです。

また、「でんき予報」という翌日の電力需給見通しのほか、5分間隔の電力使用実績などのリアルタイム情報を提供するサービスを開始するようですが、私からはこのサービスが東電Webだけでなく、テレビ・ラジオ等の天気予報やYahoo・スマートフォンのアプリなどと連携し、国民が気軽にその情報にアクセスできるよう努めることを要請しました。
posted by 熊谷俊人 at 18:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
節電は大切なことですが、もう少しちゃんとした、東電のデ-タがないものでしょうか?大阪の橋本知事の発言にもあった、電力会社の原発ありきの宣伝に乗っているようで・・・非常に歯がゆいです。節電賛成、原発反対。
Posted by 朝日が丘・下之薗 at 2011年06月13日 21:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック