【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2011年06月27日

天津市経済貿易代表団の表敬訪問

この日は朝から東京電力千葉支社から計画停電について説明を受けました。
以前のブログでも紹介しましたが、大口利用者の節電対策等によって夏の計画停電の可能性は低いものの、想定外の事態も考えられますので東電では前回の反省にたって詳細な計画停電計画を策定しています。その中で災害救助法の適用地域はまず除外されますので、千葉市でいえば美浜区全域が除外されることになります(ただ送電線の関係で区境等で一部例外あり)。
詳細は東電Webでご確認下さい。

前回の説明時に「でんき予報」なる電力需給予想について気象予報などと組み合わせてはどうかと私から提案し、幕張新都心にある世界的気象会社ウェザーニューズ社を紹介したところ、早速両社で具体的な検討に入っているようです。

その後、政策協議、午後からは千葉市史編さん会議メンバーの教授の方々と千葉市史編さんについて意見交換。
財政難によって予算が削減され、千葉市史編さんが順調に進められないこと、郷土博物館内に千葉市史編さん室があり、多くの貴重な資料があるにも関わらず市民に公開できる環境がなく、かつ郷土博物館との連携もまだまだ不十分、などなどの課題を頂きました。
私も歴史好きですし、地元で郷土史を独自に調査している方々とも交流していますが、千葉市史編さん室によって収集された資料をもっと市民に活用して頂けるようになれば、地元の歴史風土にもっと関心を持って頂き、郷土愛を育む一助になるのではないかと思います。

さらに政策協議、千葉日報の就任2年を振り返っての取材対応。
夕方からは天津市経済貿易代表団の表敬訪問と歓迎レセプション。
歓迎レセプションでは千葉商工会議所幹部のほか、中国進出に意欲的な市内経営者も交えて活発な意見交換を行いました。

天津市との経済交流については以前のブログなどを見て頂ければ幸いですが、彼らと接していて感じるのはビジネスに関する感度が極めて高く、形式ではなく実利を重んじるということです。
行政はえてして形式的に陥りがちで目的と手段が曖昧になる傾向がありますが、少なくとも経済部門は形式よりも具体的成果を目指すためにあらゆる努力を行うべきです。彼らとの交流は市内経済の活性化はもとより私たち市役所の意識改革にもつながるかもしれません。

110627tianjin.jpg

110627tianjin2.jpg
posted by 熊谷俊人 at 23:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 都市・経済施策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その後、お嬢様は如何ですか?
又、育児日記を紹介ください。
希望という命の娘。
Posted by 稲毛区:草間 at 2011年06月28日 20:58
千葉市郷土博物館のホームページを拝見しましたが、市史関係の刊行物は高価ですね。
5000〜6000円するようなものもあります。市の税金で収集した資料なのだからもう少し安くても良いのでは?

市民に広く公開したいということなら、PDFファイルにして、ホームページ上で無料公開するようなことはできないのでしょうか。
その作業にそれほど費用がかかるとは思いませんが…。
Posted by 否イブラ at 2011年06月29日 07:18
ご意見ありがとうございます。
育児日記についてはたまにご紹介できればと考えています。

また、市史関係の刊行物の値段、PDFファイルでの公開についてのご意見はおっしゃるとおりで、日記では紹介しませんでしたが、今後より多くの人に使って頂けるようWeb上での公開も含めて検討するよう指示をしています。
Posted by 熊谷俊人 at 2011年06月30日 11:17
NHKで新エネルギー海外勢に挑む日本企業を見ています。まさに天津市で3兆5000億円の予算でスマートシティ構想が動き出しているそうです。3.11以降世界の潮流になっているそうです。近くでは柏の葉スマートシティ構想がトップ企業体で動き出しています。借金まみれの千葉市ですが、科学技術先進市を目指すのであればスマートシティのトップを目指すプロジェクトを立ち上げませんか?
Posted by スマート千葉シティへ at 2011年08月21日 21:45
ご意見ありがとうございます。
天津市の事例は以前から注目しています。企業が中心となるプロジェクトですので、千葉市で同様の取り組みが促進されるためにどのような支援がありうるのか研究していきたいと思います。
Posted by 熊谷俊人 at 2011年08月23日 04:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック