【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2011年07月29日

指定都市自然エネルギー協議会に対する見解

指定都市自然エネルギー協議会に千葉市は参加しませんでした。

私は多くの国民の意識と同様、これほどの大事故が発生した以上、日本において原子力発電に頼るエネルギー政策を推進していくことは不可能だと考えていますし、自然エネルギーを推進していくべきとの立場です。
今後国においても自然エネルギーの買い取り制度や補助や規制緩和などが進められていくことと考えていますし、私たちも現場を預かる立場から様々な提案をしていく考えです。

そうした中で都道府県とソフトバンク社が自然エネルギー協議会を立ち上げて話題を集める中、都道府県と伍していこうとする指定都市でもそうした組織を作っていこうという話が出てきました。
自然エネルギーの発電施設を作るには大きな土地が必要ですから、県とは違って広大な土地が用意できない大都市は条件面では難しい点もありますが、バイオマスなど都市環境の中での自然エネルギーの活用などが考えられますし、自然エネルギー関連の技術を持つ企業の支援という観点からも大都市の果たせる役割はあると考えています。ですから、指定都市が自然エネルギーを推進していくために連携すること自体は大変意義あることと思いますし、参加したいと考えていました。

しかし、蓋をあけると、この指定都市エネルギー協議会の事務局をソフトバンク社が務めるということが分かり、「これは残念ながら参加できない」という結論に至りました。
ソフトバンクはこの自然エネルギー分野に参画しようという企業です。その企業が1社で仕切る協議会に対して私たち公的機関が合同で参加することで、彼らのビジネス展開に事実上のお墨付きを与える結果につながりかねません。

日本には福島第一原発事故以前から自然エネルギーの普及に向けて取り組んできた企業がたくさんありますし、自然エネルギーの普及を使命とするシンクタンクもあります。そうした企業・団体が1つも参加せず、まだこの分野に何の実績も無いソフトバンク1社のみによって運営される組織に都道府県や指定都市が合同で名を連ねる状況は少し不思議に思えます。
さらに言えば「指定都市」という名前を冠することである種の権威が発生しかねない状況を危惧しており、私は指定都市市長会議で「なぜ指定都市という名前を冠するにも関わらず1企業が事務局なのか。指定都市市長会事務局が事務局を務めれば喜んで参加する。もしくは自然エネルギーに取り組んできた企業などに参加してもらい、ソフトバンク1社事務局体制が解消されれば参加を検討したい」ということを申し上げました。

私はソフトバンク社が自然エネルギービジネスに参画しようとすることは企業の判断として尊重しますし、ビジネスとして儲からないと自然エネルギー自体も広がっていきませんから、何の問題もありません。
この自然エネルギー協議会とやらに参加しないだけで自然エネルギーに対して消極的な自治体であるというような流れを作り上げた孫社長の手腕に敬意を表しますが、今の状況では公的機関の責務として参加を見合わせざるを得ません。

協議会の議論そのものも少なくともソフトバンク社から提案された内容は特に目新しいものはなく、全量買い取りの義務付け、さらに送電網に接続することも義務付けることを国に要請するというもので、参加しないことによって何か千葉市にとってデメリットが生じるようなものでもありません。
posted by 熊谷俊人 at 18:32| Comment(3) | TrackBack(0) | 東日本大震災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ソフトバンクの協議会、知事の方の会も含めて参加しない自治体を魔女狩りのように非難する意見が多いですが、それは明らかにおかしいです。そちらの千葉市だけでなく、自治体が自治体である所以、自治体としてできることをきちんと考えて行動されることを望みます。ソフトバンクに依存せずともできることはたくさんあるはずです。それは一定規模の自治体である政令指定都市であればなおのことできることがあるでしょう。最近、メガソーラーを県単位や市町村レベルで誘致合戦が始まっていますが、それもおかしな話です。自然エネルギー、国産エネルギ^はその地域の大切な資源であり、まずは自分たちの地元でできること、地元資本、地元金融機関、地元市民でできることで最善をつくすことが地域の本当の発展につながり、最悪とも言える誘致になってしまった福島第一原発を見ても、誘致だけが自治体や地域を発展させる方法ではないはずです
Posted by northfox_wind at 2011年07月29日 23:34
今日30日から複興宝くじが発売になりました。

被災地支援の宝くじの発売は国民の理解が得られると思います。

アンケートでも発売に賛成は多いです。

デフレで不況での増税は貧困層が苦しむだけです。

千葉市も千葉県と協議して継続的に複興宝くじの発売を検討してもらいたいです。
Posted by PPO at 2011年07月30日 15:02
非常に冷静な判断だと思います。
ソーラー発電や蓄電技術を研究実用化している企業は多くあります。自然エネルギー活用においては、千葉市がリーダーシップを取ることが必要で、可能だと思います。千葉市内の企業、研究機関を集めて協議会を作られたらいかがでしょうか。その後でソフトバンク事務局の協議会と連携するぶんには問題がないように思いますが。競争の中で技術革新は実現していきます。
Posted by ガネイシャ at 2011年08月01日 07:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック