【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2011年10月20日

太陽光発電設備の設置補助の3次募集が26日から

太陽光発電設備の設置補助の3次募集が10/26~11/4で行われますのでお知らせします。

震災後、再生可能エネルギーへの関心が高まっており、千葉市が以前から実施している太陽光発電設備の設置補助にも多くの申し込みが寄せられています。
今年度の当初予算では130件の枠でしたが、震災を受けての市民の要望に応えるため6月補正予算で100件を追加、さらに9月補正予算で200件を追加し、合計430件と大幅に拡大しました。

詳細は以下のページをご覧ください
申し込みは持参のみですが、施工業者が事務代行するケースが多くあります。
posted by 熊谷俊人 at 09:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 環境対策(ゴミ削減など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
市内の業者さんに発注され、雇用の改善に繋がりますよう更に拡大して下さい。
Posted by 稲毛区:草間 at 2011年10月21日 07:40
こんな熊谷みたいな反日左翼が市長とは千葉市民ってホント馬鹿だな。やっぱりチバってダメだな。
Posted by 日本人 at 2011年10月21日 12:26
はじめまして。突然のコメントお許し下さい。
若い市長さんに、すごく共感します。

私も、千葉県に住んでいます。

これからも、ずっと、住んでいきたいです。

でも、今、すごく不安な事があります。

私は、千葉市の住民ではありません。

でも、今、ある市議に不安があります。

突然のコメント、突然の相談で、お困りだと思いますが、是非、宜しくお願いします。

Posted by 空 at 2011年10月21日 15:08
チバをバカにされると腹が立つ反面、土建金権政治がはびこる千葉県の政治がまだまだ生きている側面があり反省もします。ヤクザや街宣車を走らせ市民を脅かすエセ右翼が幅を利かせる政治に毅然と立ち向かう熊谷市長を支持します。

自民党の田中和徳(かずのり)元財務副大臣(62)の政治団体が、平成18年に開催した政治資金パーティーで、指定暴力団稲川会系組長が取締役を務める企業にパーティー券を販売し、40万円を受領していたことが21日、産経新聞の調べで分かった。パー券販売は財務副大臣在任中で、暴力団側から政治家側への直接の資金提供が判明するのは極めて異例。暴力団排除条例が全国の自治体で制定されるなど「暴排」の動きが加速する中、国会議員と暴力団側の関係が発覚した。(産経新聞)
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/political_fund/?1319262181
Posted by ヤクザも右翼もJ眠党もダイキライ at 2011年10月22日 16:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック