【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2011年10月31日

千葉駅の駅舎・駅ビル建て替え工事の起工式

この日は朝から三井ガーデンホテルにて開催された知的無人システム国際会議2011のオープニングセレモニーに出席。
この会議は無人航空機や無人航行ロボット、遠隔操縦型の災害対応ロボットの開発に携わる研究者や、システムおよび要素技術の開発を手がける企業などが参加し、無人システムの進展を図るもので、この分野で日本、いや世界をリードする千葉大学の野波健蔵副学長が実行委員長を務め、日本で初めて開催されました。なお、野波教授は地域産学官共同研究拠点整備事業:千葉大学サイエンスパークセンターの所長でもあります。

その後、千葉駅の駅舎・駅ビル建て替え工事起工式に出席。
いよいよ千葉駅の大改造が始まります。今の千葉駅は昭和38年に戦後の土地区画整理事業の一環で今の市民会館の場所から現在の場所に移転され、今年で48年になります。半世紀ぶりの建て替えにより、千葉駅周辺は大きく様変わりすることになります。詳細はJR東日本のプレスリリースの9/6をご覧下さい。

今の東口改札付近は柱も多く、東口・西口・北口・弁天地区・モノレールとの接続も不十分でしたが、建て替えによって通路が広く天井の高い開放的な駅となり、さらに東口と西口が同一階で繋がり、モノレールとも3階部分で直接接続されるなど駅周辺の利便性が大幅に向上されます。
そして何より8,000uの駅ナカが誕生するほか、文化ホール・子育て支援施設(保育園等)・医療施設などが設置されるなど、駅自体の魅力も高まります。

既に西口再開発ビルも建設がスタートしましたが、他にもJR千葉支社の移転に伴う跡地開発など、千葉駅周辺で今後続けざまに大規模開発が進むことになります。なお、駅舎は2016年夏頃開業、駅ナカは2016年夏頃に一部が、2017年春頃に全面開業、駅ビルは2017年春頃に一部開業、2018年春までに全面開業予定とのこと。
元々駅舎工事は長期化するのですが、千葉駅はメインの東口が内房線・外房線と総武本線で扇状に囲まれていて工事は大変困難であり、今回新工法を用いて工事を進めるようです。

駅周辺が一気に開発される一方、周辺商店街を始めとする中心市街地が逆に寂れるようではいけません。
私たちとしても駅ビル建て替えを好機として中心市街地全体の活性化を図りたいと考えていますし、千葉商工会議所の石井会頭を始めとする経済界も色々と検討をスタートさせるようです。起工祝賀会では私からもJRに対して地元と十分に連携を密にして共存共栄関係を構築して欲しい旨を伝えました。
posted by 熊谷俊人 at 23:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 都市・経済施策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>千葉駅はメインの東口が内房線と外房線で扇状に囲まれていて工事は大変困難であり、今回新工法を用いて工事を進めるようです。

千葉市長なら間違えないでいただきたい。
千葉駅東口は外房線と内房線で扇形を形成しているのではなく、外房線と総武本線で扇形を形成しているというべきです。
千葉駅から下り方面は外房線、内房線、総武本線、成田線の列車が発着していますが、外房線と内房線は蘇我まで(正しくは外房線)、総武本線と成田線は佐倉まで(同じく総武本線)同一線路です。したがって、外房線と内房線では扇形を形成できません。

千葉市長なら間違えないでください。
Posted by Bartlet at 2011年11月08日 18:09
ご指摘ありがとうございます。
訂正させて頂きました。
Posted by 熊谷俊人 at 2011年11月08日 19:18
Bartletさんへ

総武本線と成田線は、同一路線ではありませんよ。
成田線は、佐倉駅から松岸駅間と我孫子支線といわれる我孫子駅から成田駅の間、さらに成田駅から成田空港駅間(空港支線)のことを言うのですよ。。
Posted by 鉄ちゃん at 2011年11月10日 15:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック