【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2011年11月10日

千葉市のIR説明会

この日は夕方から東京で千葉市のIR説明会を実施。
これは千葉市の市債を購入する証券会社・銀行などの機関投資家に対して千葉市の都市経営・財政運営の考え方を説明するものです。千葉市の財政健全化の取り組みを理解してもらい、少しでも良い条件で市債を発行することで利払いを押さえ、歳出を抑制することができます。

IRに使用する資料は千葉市の都市経営を財政的側面から分かりやすくまとめたものとなっており、他都市も参考しながら年々改良されています。今回の参加者からも非常に分かりやすかったとご好評を頂きました。
市民の皆さまにとっても分かりやすい資料だと思いますのでご覧頂ければ幸いです。

IR説明会
 
posted by 熊谷俊人 at 23:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 財政・予算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
IR=Investors' relationsですね。
幕張のIRはIntegrated Resortのようです。

外資にはどんどん門戸を開放すべきです。鎖国状態ではこれからの日本は生きて行けません。
Posted by Mitch at 2011年11月11日 07:55
市債を購入する予定はないのですが、千葉市民として財政状態に興味がありましたので、IR資料を拝見しました。

たんに読み手側の慣れの問題かもしれませんが、企業会計に基づく民間企業の資料よりも分かりにくいように感じました。
特に、現在の財政状態や将来の収支の予測について、概括的に把握できる頁が無いのが気になります。

投資家がどのような情報を欲しているか、銀行などの社債購入者からアンケートをとってはいかがでしょうか。
Posted by 緑区 YN at 2011年11月14日 23:08
ご意見ありがとうございます。
民間企業と行政の財政は根本的に違いますので、ある程度勉強しないと難しいかもしれません。
資料の中に現在の財政状況はありますし、今後の財政指標の変動予測も入っています。収支不足は入っていませんが、これは財政健全化プランを見て頂ければ掲載されています。
なお、IR後はアンケートを取っており、毎年資料は改善されています。
Posted by 熊谷俊人 at 2011年11月15日 05:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック