【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2011年11月17日

航空機の騒音問題について国から改善案が

羽田空港の再拡張に伴う航空機の騒音問題について先日国交相と民主党に要請活動を行いましたが、16日千葉県と関係25市町でつくる連絡協議会が開かれ、国交省から改善案が示されました。

飛行ルートを少し変更し、交差部を住宅の少ない地域にずらすという内容で、再拡張から1年経過してようやく改善案が示されたことは一歩前進と考えています。
しかし、当初の約束であった飛行ルートの分散化については「長期的課題」と位置づけるなど、抜本的改革を行わない意図が見え隠れしており、この点については断じて容認できるものではありません。この改善案はあくまで最初の改善案であって、飛行ルートの分散化・高度引き上げなどへの取り組みを早急に行うよう、改めて強く要請していきたいと思います。
posted by 熊谷俊人 at 06:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 安全・安心の街づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たまに拝見させていただいています。
中央区勤務、緑区住民です。
空を見るのが好きなので騒がれる前に気付いたのですがホントに飛行機増えすぎでびっくりしています。おまけに騒音も増えて。。。飛行機7倍なら騒音は残音もあるので7倍以上です。
多分無いのでしょうが、飛行機同士が衝突したらとか、墜落してきたらとか考えると・・・
東電の発電所も沿岸に増築してますし、不安要素を増やす前に事前にしっかり住民説明欲しいです。
Posted by designed at 2011年11月18日 12:20
今夜は十一時を過ぎても、三機が通過していきました。国交省はなしくずし的に合意事項を無視しようとしているのではないですか?
Posted by 中央区 at 2011年11月22日 00:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック