【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2011年11月16日

第10回ベンチャーカップCHIBA受賞者決定

夕方からは三井ガーデンホテルで行われた第10回ベンチャーカップCHIBAに出席。
このブログでも何度か紹介したベンチャーカップ、節目の10回目の受賞がいよいよ決定しました。

111116venture1.jpg

一般部門>
●グランプリ:(株)オーエックスエンジニアリング

「着脱容易な電動ユニットを装備した電動手動兼用車いす」をテーマとし、コンパクトで軽量な電動車いすを目指す

●準グランプリ:(株)有備
災害に備える「防災トイレ」の開発・製造・販売

●優秀賞:共立化成(株)
処理困難な産業廃棄物(廃油等)のリサイクル推進による環境負荷の低減とCO2削減プラン

●優秀賞:(株)ワイアンドケイ企画
水撃現象を応用したアオコ等に関する処理システム事業

●優秀賞:CMS(株)
スマート(次世代)ホームページの製作と運用サービスの提供

学生部門>
●グランプリ:千葉工業大学 (株)aba 宇井吉美

不快感ゼロ。継続費ゼロ。高齢者と介護者のための非接触型尿検知器の製造販売

コミュニティビジネス部門>
●コミュニティビジネス賞:特定非営利活動法人ちば地域再生リサーチ

ニュータウンにおける暮らし・活動の包括的サポート・活性化事業

●奨励賞:特定非営利活動法人たすけあいサポートアイアイ
階段昇降サポート事業

オーエックスエンジニアリングは千葉市が世界に誇る車椅子製造メーカーで、オートバイで培った技術を活用して国内外の様々な車椅子スポーツのトップアスリートに機材を提供しています。以前からベンチャーカップには応募されており、今回悲願のグランプリ獲得となりました。

学生部門は10回を記念して新設した部門で、千葉大学経済人倶楽部「絆」の方々からご協力を頂きました。
選考の結果、千葉工業大学の宇井さんが選ばれたのですが、介護従事者のおむつ交換を手助けしたいとの発想から、臭いで尿を検知する器具を開発するという実現性の高いビジネスモデルです。既に器具は開発されていて、今後の実証実験を経て実用化していくことになりますが、大変楽しみです。
posted by 熊谷俊人 at 23:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 都市・経済施策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
優秀なチャレンジが有り、実用化の目途の立ったのも有るようで喜ばしい。是非日の目を見れるように支援して下さい。事業が立ち上がれば、雇用の促進も図れる。
Posted by 稲毛:草間 at 2011年11月19日 09:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック