【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2011年11月19日

「酒井抱一と江戸琳派の全貌」展は来館者34,449人

報告が遅くなりましたが、千葉市美術館で13日まで開催していた「酒井抱一と江戸琳派の全貌」展ですが、来館者数は34,449人で歴代5番目となりました。開催期間が短かったことを考慮すると昨年ヒットした伊藤若冲展を超えたことになります。

私も二度足を運びましたが、大変良い展覧会でした。
この展覧会の開催にあたり尽力された小林館長・松尾学芸員を始め、関係各位に敬意を表します。

11/22からは「瀧口修造とマルセル・デュシャン」展です。
posted by 熊谷俊人 at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉市の魅力PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック