【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2011年11月19日

プレーパーク視察、SC2ヶ所で対話会

中央雨水ポンプ場の式典終了後は子どもたちの森公園に。
子どもたちの森公園とは、動物公園と源小学校の間にある既存樹林地の保全・活用を図るとともに、子どもたちが自然の中で自由に自分の発想と自分の責任で遊ぶことができる公園(いわゆるプレーパーク)です。

あいにくの雨でしたが、子どもたちは雨の中、元気に遊んでいました。
近所の方々もお見えになっており、普段色々な形で支えて頂いているとのこと。
千葉市は首都圏の中では緑に恵まれている都市ですから、こうした場所は大事にしたいですね。子どもの参画という観点からも、そして市民による公園の自主的管理という観点からも、プレーパークは非常に重要です。

111119playpark.jpg

午後からは稲毛ワンズモールとイオンおゆみ野ショッピングセンターにて市民対話会
どちらもショッピングセンターのホールで行ったため、参加者のほか、買い物中の方々が足を止めて聞いていました。

・子ども医療費助成に対する考え方を確認したい
・稲毛海浜公園の命名権募集の考え方について
・保育園の定員変更などで質は保たれるのか
・高校生も子ども参画では重要。学校自治も含めアドバイスを
・ブックスタートの読み聞かせボランティアをしているがPRが不足しているのでは。単に絵本が貰えると受け取っているお母さんも多い
・放射能の規制値について市独自の厳しい基準を設定する考えは無いのか
・0.1μSv/hでも不安。除染はしないのか
・子ども関係の情報が市ホームページから見つけにくい。ジャンル分けして表示するなど見直しを
・公立保育所の老朽化対策の中で民営化も選択肢に出ているが、千葉市の公立保育所に対する考え方は
・プレーパークは千葉市では1ヶ所だけだが、もっと小さなところで市民が実施しているところにも支援を
・不登校時の居場所作りについての考え方
・児童館は千葉市には無い。子どもの居場所を地域に作る考えは
・高齢者を始めとする子育てに対する世代間ギャップを埋めることが重要
・障害を持つ子どもに対して学校でもっと配慮をして欲しい
・これからの子どもに期待することは何か
・青少年育成委員の予算が削られてきている。どうにかならないのか

111119taiwa1.jpg

111119taiwa2.jpg
posted by 熊谷俊人 at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 広報・広聴・市民自治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック