【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2011年12月12日

11月の焼却ごみ量は183トン減

少し報告が遅くなりましたが、11月の焼却ごみ量の速報です。

22,221トンで昨年同月比183トンの減となりました。
3ヶ月連続で増加していましたが、ようやく減少に転じ、これで今年度の累計削減量は2,002トンとなりました。

ただ、この傾向を見ると今後も一進一退を続けることが予想され、少なくともこれ以上の大幅な削減は期待できないと考えるべきです。
現在、千葉市では一般廃棄物処理基本計画(案)をパブリックコメント手続きにかけており、その中で今後検討する施策についても考え方を示しています。

今議会でも、ごみの有料化などについて質疑が行われるようになり、3清掃工場から2清掃工場へ移行するための目安である254,000トンの達成に向けて、私たちは最終的な検討を進めています。

千葉市一般廃棄物(ごみ)処理基本計画(案)

posted by 熊谷俊人 at 14:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 環境対策(ゴミ削減など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本テトラパックのベルマーク活動を知らない方、いらっしゃると思います。公民館などに回収ボックスがあると、ベルマーク活動に関わる市民(主にPTA世帯)以外の方が出すテトラパックの紙容器回収分についても削減できるのではないでしょうか?

テトラパック紙容器はかさばるので、小中学生の通学に持たせるのは交通安全面で心配です。また小中学校PTAは役員のなり手が少なく、ベルマーク活動を縮小・廃止するPTAがあると聞きます。

テトラパックの紙容器回収作業を地域の有志ボランティアサークルにお願いできたら、ゴミ削減に加えて、ベルマーク点数は激増すると思います。


Posted by 市民 at 2011年12月14日 20:21
ご意見ありがとうございます。
ベルマークは確かにもっと理解が広まって良い仕組みですよね。どのような手段が一番効果的か、少し考えてみたいと思います。
Posted by 熊谷俊人 at 2011年12月30日 09:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック