【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2011年12月13日

特別交付税12月分が決定

本日、総務省から平成23年度12月分の特別交付税の交付額が発表されました。

千葉市は約6.8憶円です。
昨年度の12月交付額は約4.4億円ですから2.4億円ほど多いことになります。
これは震災関連や土地開発公社解散で発行した第三セクター等改革推進債の利子分が含まれています。

残る3月分については復興特別交付税という形で相当の金額が交付されることが見込まれていますし、今のところ当初予算を上回る形で交付されています。
交付税措置など財政的に有利な第三セクター等改革推進債の発行による土地開発公社の解散も含め、私たちの財源対策がある程度功を奏していると思われます。気を緩めることなく、今後も健全な財政運営に努めていきます。
posted by 熊谷俊人 at 17:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 財政・予算 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
土地開発公社の解散は本当に大正解ですね。証券市場の動きからは先行きまだまだ不動産価格の下落は続くように思われます。…もし中国バブルが弾けたらおおごとになるとビビっています。どの様な事態にも対応できるよう財政健全化は続けて行く必要があります。地方交付税をなかったものとして着実地道に政策を続けてください。ただし若い優秀な人材を育てる努力を惜しまないで続けてください。
Posted by Youzan at 2011年12月15日 18:23
ご意見ありがとうございます。
今は財政を再建する上で条件は良いですが、最悪の状況に陥っても耐えられる体力をつけていく必要がありますね。油断せず着実に財政再建を進めるとともに人材育成には十分意を用いていきたいと思います。
Posted by 熊谷俊人 at 2011年12月30日 09:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック