【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2012年02月09日

定例記者会見1:受動喫煙対策を強化します

定例記者会見を行いましたので順次内容を紹介します。

1.公共施設での受動喫煙対策を強化します
2.市内ベンチャー企業が科学的検証に基づくデザイン開発を行いました
3.航空機の飛行ルートの見直しが2/9から行われます
4.職員採用説明会を開催します


まず公共施設での受動喫煙対策の強化ですが、今年4月から市の公共施設の建物内禁煙を推進し、502施設中499施設を建物内禁煙もしくは敷地内禁煙とします。
既に学校・保育所などは敷地内禁煙、公民館などは建物内禁煙ですが、今回から市役所・区役所・消防庁舎などが建物内禁煙となり、喫煙スペースを撤去することとなります。職員の労働環境も変化することから職員組合とも協議を進めてきました。

世界的に見ても日本は喫煙に寛容すぎる国です。喫煙することは個人の自由であり権利ですが、少なくとも公共空間において喫煙はご法度という文化を作っていく必要があります。
今後は実施状況を見極めながら敷地内禁煙へと順次移行し、県の動向も注視しながら公共施設以外へ広げていくかどうか検討を進めていきます。

なお、市内の事業所・飲食店などを対象に受動喫煙防止対策表示ステッカーを作成しました。
「全面禁煙」「時間禁煙」「完全分煙」合計3,000枚作成し、施設の入り口に貼っていただくことで市民への理解・啓発を促したいと思います。ステッカーの配布は3月15日の市政だよりなどでお知らせしていきます。
この記事へのコメント
お疲れさまです。

市内に禁煙プログラムを組んでいる医療機関は多いと思うのですが、内科ではなく外科系の医院においても実施されているところがあります。喫煙者の方の禁煙サポート機関情報(医療機関一覧など)の共有が広がると、より一層意識が上がるのでは、と思います。


Posted by 市民 at 2012年02月10日 10:41
市役所1階にあった喫煙室は、確かに体に悪そうでした。室内が外から見てわかる程、茶けてました。しかし外で喫煙するには寒いですね。私の勤務する会社でも喫茶室を設けましたが、タバコのヤニで壁、窓、テーブルがまっ茶茶です。禁煙に成功された職員さんを表彰したらいかがでしょうか?最上階の展望室を喫煙ルーム(シッカリ空気清浄出来る環境は必要だと思いますが。)にしてタバコの自動販売機をおいて、外国人観光客でも誘致すればいかがでしょう。
Posted by この際禁煙 at 2012年02月10日 18:27
禁煙外来は全国に14000ほどできており、もちろん千葉市にもあります。
http://www.eonet.ne.jp/~tobaccofree/hoken/chiba.htm

禁煙外来で禁煙をするのが、タバコから離れる一番安く、簡単な方法です。

千葉市では来年8月にAPACT(アジア太平洋タバコ対策会議)が開かれます。
その時までにレストランなど公共の場所がすべて禁煙になることを願っています。
Posted by 作田 学 at 2012年02月11日 17:39
階下の住人が1時間に1回、下手をすると数十分に1回、ほぼ1日中ベランダで喫煙します。いつ煙が入ってくるのか気が気ではなく、窓が開けられません。灰もよく飛んできて火事も心配です。また窓を閉め切っていてもタバコの匂いが侵入してきて、1日中喉が痛くて頭が痛くて舌がしびれています。食事の味もわかりにくくなりました。もう限界です。注意をしたらこちらに危害を加えられるのではと怖くて言えません。受動喫煙の被害者はみんなそうです。最近ではうつ病状態になり、毎日「死にたい」と呟きながら泣いています。共用部分の火気厳禁はもはや常識ですし、受動喫煙の被害者は裁判でも勝てる時代です。千葉市内のすべての住宅でベランダでの喫煙禁止にしてください。喫煙者でも他人のタバコの匂いは吸いたくないんですから。
Posted by 1日23時間受動喫煙千葉市在住 at 2015年07月25日 07:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/251464187
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック