【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2012年03月15日

海浜幕張駅前広場の復旧工事が完了

液状化の被害を受けたJR海浜幕張駅前広場ですが、復旧工事に合わせて液状化対策も実施しています。
海側は3月18日、山側は3月22日に工事が完了する見込みです。

他にも大きな工事では新港横戸町線の副道が先月全線開通しました。
これで周辺のアクセス環境は大きく改善されることになります。
まだ地域住民と協働で進めてきた緑化事業がありますので、今後も地域との連携を密にしながら進めていきます。

また、この新港横戸町線の副道に新年度から自転車レーンを整備します。
このレーンが完成すれば縦の軸ができ、国道14号と合わせて自転車で市域を大きく移動することができる環境整備が進むこととなります。
当初、一方通行に自転車レーンは整備できないという県警の見解がありましたが、この道路の幅員の広さなどから自転車レーンを整備しても問題ないはず、と県議にも働きかけを依頼しました。粘り強く折衝してくれた職員と、応じてくれた県警に感謝します。
posted by 熊谷俊人 at 15:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 都市・経済施策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このブログからも着々と復旧の様子を拝見できたのもしい限りですが、一方で被災地ではがれき処理が一向に進んでいません。復興のネックになっているとの報道もあります。いち早く受け入れた東京都や島田市など徐々に受け入れの体制を整えているところもあります。千葉市も将来2清掃工場へ移行するまでの間、受け入れたらどうでしょうか。勿論安全性を確認した上のことですが・・。大部分の市民は被災地の復興を願って協力いただけるものと思います。
「情けはひとのためならず・・」言い古されたフレーズです。
Posted by 一市民 at 2012年03月16日 07:18
受け入れに慎重派です。
バグフィルターはセシウムが99.9%除去可能と言われれていますが
根拠はなく実験が行われていない事を環境省が認めているそうです。

受け入れ前に、バグフィルターの実験をし、その方法とその結果を開示してください。

周辺の線量の測定はされているそうですが
線量が変わる程漏れていたら大変です。

焼却場作業員の方の健康も気がかりです。
慎重に検討して下さい。
Posted by 私も一市民 at 2012年03月19日 18:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック