【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2012年04月22日

少年軟式野球大会、草月いけばな展など

この日は朝から青葉の森野球場で行われた第36回千葉市少年軟式野球協会春季中央大会の開会式に出席。
昨年は東日本大震災発生まもない時期だったため、東北の被災地の子どもたちのために野球用具などをみんなで集めて寄付していたことが印象的です。私も挨拶の中でそのことに触れ、被災地のことを忘れず、また野球ができること・野球ができる環境を整えてくれる人たちに感謝をして、全力でプレーして欲しいということを伝えました。
選手宣誓では「大好きな野球ができる喜びに感謝し、日本を野球で盛り上げます。この気持ちは甲子園やプロ野球でプレーする人たちにも負けません」といった溌剌と、清々しいコメントがあり、私達にも元気を与えてくれました。これからの熱戦が楽しみです。

この日は他にも千葉ジャズ協会総会のほか、千葉そごうで行われている草月いけばな展2012を視察。
家元の勅使河原茜氏を始め、多くの方々の作品が展示され、会場は華やかさで溢れていました。私も少し心を癒されたような気がします。子どもへの普及にも力を入れており、作品が展示されているところも印象的でした。また、男性の作品も展示されていて、これからは男性も新たな層として注目されているとか。「いけばな男子」、略すと「いけメン」ですね。
24日まで展示されていますのでご関心のある方は是非ご覧下さい。

120422sougetu1.jpg
家元の作品はさすがにスケールが違います

120422sougetu2.jpg
ジュニア作品。なかには5歳の作品も

120422sougetu3.jpg
いけばな男子の作品

その後、東天紅にて懇親会。
子どもや家庭の話のほか、そごう店長とは木更津の三井アウトレットパーク開業による市内への影響などについて意見交換をしました。
posted by 熊谷俊人 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域行事・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック