【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2012年08月15日

幕張ビーチ花火フェスタにおいて不法投棄

幕張ビーチ花火フェスタは関係者のご協力などもあり、成功裏に終わりましたが、花火終了後に現地の後片付けをしていた職員がコンクリート片などを黒砂水路河口に不法投棄していたことが明らかになりました。

観客がシートを押さえるために使ったであろうコンクリート片・ブロック片を黒砂水路河口に投棄したもので、当該職員は大きさも大きくないことから石と同様と考え、不法投棄という認識が無かったようです。
仮に不法投棄の意識が無かったとしても、私たちは市民の皆さまにも不法投棄の根絶に向けて周知啓発活動、場合によっては書類送検も実施するなど厳しい姿勢で臨んでいるため、職員が所属する部署に対して改善命令を発することとしました。

当該職員は花火大会の成功に向けて相当頑張ってくれた職員ではありますが、この件については処分も含め検討します。
この機会に職員・市民にも不法投棄について改めて意識をして頂ければ幸いです。
posted by 熊谷俊人 at 10:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 環境対策(ゴミ削減など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
勘違いの一つではないでしょうか。穏便にして下さい。
Posted by 稲毛区:草間 at 2012年08月17日 07:11
「観光課の職員が役所の車で運び不法投棄し、そのときの画像が環境課の職員のところに届いて発覚した。業者に依頼して回収する」と理解してますが、違いますでしょうか?作業の前には(KY(危険余地)と同じように)いろんなことを想定しないのでしょうか?
また、縦割り行政の弊害なのでしょうか?
一般職員レベルでの横との連携を望みます。
Posted by 緑区の小父さん at 2012年08月17日 08:26
本件、職員も可愛そうですね。充分な知識もなく行ってしまった感じがあり。そもそも、不法投棄していたものを動かしただけのような感じもします。ダメなことにはかわりないですけどね。
ただ、このような事例について、市職員内で教育がなされていないのではないかと疑問に感じる部分でもあります。
市長がよく言う民間では、事業存続に直結しているので、法令についての教育は、うるさいほどやっていると思うのですが、市がこの程度というのは驚きです。
最終的にはトップの責任です!それは市長です。
担当への指導で終わりではなく、きちんとした対応をお願いします。決して、個人を処分するということではありません。組織として取り組んでください。
Posted by www at 2012年08月27日 23:07
処分の検討結果は公表されないのでしょうか??「有耶無耶にしてお仕舞い」でじゃ繰り返される気がします。
Posted by 一般市民 at 2012年08月29日 17:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/286703891
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック