【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2012年09月10日

航空機騒音について国交副大臣が現地視察

この日は富士通陸上部からオリンピック結果報告を頂いたほか、夕方からは航空機騒音に関する国土交通副大臣の視察対応

以前からこのブログでもご紹介している羽田空港再拡張に伴う千葉市上空での航空機騒音問題について、国に何度も改善要望をしてきていますが、この問題を所掌する国土交通大臣に実際に現地を見て欲しいと、中央区選出の田嶋代議士を通じて要請を行いました。
そうしたところ、大臣はスケジュールの関係で無理でしたが、担当の吉田副大臣が現地視察に来て頂けることになり、実際に若葉区において上空で交差する状況や、騒音の実態を体感して頂いたほか、地域の自治会長等と意見交換をして頂きました。

私からは、

・国交省として様々検討していることは理解しているが、住民には改善を実感できない状況
・静かな住宅街を求めて家を購入した人にとっては突然の騒音被害で苦痛を感じている
・なぜ千葉市ばかりに集中するのか、納得できない、というのが住民の率直な気持ち
・南ルート高度引き上げを試行から本格運用にするとともに、速やかに北ルートも引き上げて欲しい
・首都圏全体で騒音を共有するという方針を示してほしい
・そうした対策が為されなければ、千葉市としては増便を容認できない
・住民は毎日騒音被害に苦しんでいる。騒音対策の情報や今後の方針について1日も早く出して欲しい

と申し上げ、副大臣からは、

・私の住んでいる地域は伊丹空港の騒音に日々悩まされており、こちらよりも騒音は酷い
・しかし、千葉市は今まで騒音が無かった田園地域などに突如航空機騒音が発生したという特殊な状況にある
・国交省の担当の認識の甘さは認めざるを得ない
・騒音低減対策には様々な可能性があり、なるべく早く提案していきたい
・どこかに押し付けるという発想ではない。千葉市の現状をどう軽減していくかである。場合によっては来年増便しないということも含めて考えていかなければならない

という発言がありました。
今回の視察を受け、早期に騒音被害が軽減されるよう、国への働きかけを強めるとともに、この状況下での増便は認められないという姿勢を強く国に示していきたいと思います。
posted by 熊谷俊人 at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 環境対策(ゴミ削減など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
熊谷俊人千葉市長様へ

唐突な質問ですが、
市長は10月に本を出されるのですか?私の勘違いですか?

たぶんTwitterでもブログでもまだ触れてませんよね?宣伝はまずいのか、まだ出来上がってないのかわかりませんが

皮肉?なことに、アマゾンで【橋下徹】だか【橋下】ってキーワードで本を検索し、発売日が新しい順に並び替えたら、一番上にでてきて発見しました。
皮肉?と言ったのは、週刊朝日で三十代の若手市長の3人の対談で橋下さんに辛口だったのを読んだからです

タイトルは【公務員って何だ(仮)】、10月9日発売、ワニブックス。だったような

現在も執筆中なのでしょうか?

市長を応援していますし、千葉市民としても興味があるので、必ず買います

公務でご多忙でしょうが、良書になるように期待してます
Posted by 中央区・若者 at 2012年09月14日 21:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/292137643
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック