【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2013年03月29日

定年退職する職員への人事発令

この日は定年退職する職員(130名)への人事発令。
千葉市の発展を支えてくれた職員一人ひとりに対して私から辞令を渡しました。
私はまだ35歳ですから、定年退職まで働かれた方々のお気持ちは十分には理解できないかもしれませんが、
「ようやく長かった仕事人生が終わった」と思う方もいれば、「実感がないまま、とうとうこの日が来てしまった」という人もいるかと思います。社会人としての人生が詰まった瞬間であろうと推察します。

なお、毎年必ず私から申し上げていることは市独自の退職金カットです。
市を代表してカットに対してお詫びをしているのですが、来年度からは国に合わせて市独自カット以上に退職金が削減されることになり(国の職員に合わせて月額給与を削減する話とは別です)、今年度退職される方は次年度以降に退職される方に比べれば恵まれていることになります。なんだか複雑です。

初めて退職金カット措置を導入した時は退職される方から「カットされた分で世界一周旅行ができた。妻には申し訳ないことと謝らないと」という挨拶を貰ったことがあります。
この方は特にこのカットに対して他意はなく、場を和ませるという意味で挨拶されていたのですが、それとは比べ物にならないほど次年度から数年に分けて退職金削減が強化されます。国が官民格差を埋めるという考えから削減を決めたので、市も準じるわけですが、人生設計や家計には大きな影響となります。
posted by 熊谷俊人 at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 千葉市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
民間企業のサラリーマンです。バブル経済が弾けてから、退職される先輩方を見て来ました。「まだ退職金が出るだけ幸せです。」と話される方もおられました。若手の職員の指揮に影響が及ぶ事が心配です。若手も退職される先輩方の遇され方でいろいろ考えます。
Posted by お疲れ様でした。 at 2013年04月03日 05:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/353533011
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック