【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2013年06月27日

補正予算案の内容を紹介します

今議会に提案している議案のうち補正予算案について紹介します。

1.国民健康保険事業の累積赤字に対応するための専決処分
千葉市の国民健康保険事業は慢性的な累積赤字を抱えており、その収支不足を埋めるため、平成25年予算の繰上充用によって対応するものです(約117億円)。
千葉市の国保会計は平成19年度決算より赤字となっており、特に平成21年度・22年度は一般会計の収支不足が深刻で赤字繰入が殆どできず、結果平成22年度決算では約119億円まで赤字が膨らみました。

収支不足の背景として、収納率が低い、医療費支出に対して保険料が低いなどの課題があるのですが、この点については国保会計健全化に向けたアクションプランを定め、職員の奮闘もあり、着実に改善しつつあります。
しかし、一般会計が毎年綱渡りの状況であるため、一般会計からの赤字繰入金をなかなか確保できず累積赤字の解消が進んでいない状況です。国保単体での収支を今後も改善していくとともに、財政再建によって一般会計側に余裕を作り、地道に赤字を解消していくしかありません。


2.平成25年度6月補正予算案
国庫補助の追加や、"国の地域の元気臨時交付金"を活用した事業がメインです。

●理科教育設備の整備 1億300万円
小中学校にデジタル顕微鏡、薬品庫など、実験・観察に必要な教材等を整備します

●学力向上サポーター配置 877万円
支援の必要な生徒に対して授業時間中や放課後の補習指導などで学習支援を行うサポーターを25人、小中学校25校に配置します。

●消費生活センターの機能強化 2036万円
区役所・ショッピングセンターなどでの出張相談を10月から月14回実施、現在月2回実施している土曜日の電話相談を通年化、知的障害者向け教育DVDを作成するなど、消費者対策を強化します。

●緊急雇用創出事業等臨時特例基金 8240万円
高齢者予防接種にかかる電話相談窓口、緑地再生などで65人の雇用を創出します。

●青葉病院・海浜病院の高額医療機器の更新 2億7600万円

●道路の舗装改良 1億1400万円

●公共施設の改修 1億9400万円
畑コミュニティセンター昇降機、中央区役所・美術館直流電源装置等、京葉銀行文化プラザ駐車場施設、三陽メディアフラワーミュージアム(花の美術館)の温室排煙窓の改修、神明保育所・あやめ台第二保育所の児童送迎用駐車スペースの整備

●学校事故賠償金 3462万円
平成23年度に発生した自然教室における生徒死亡事故に係る損害賠償です。

●補償金免除繰上償還 65億1820万円
金利の高い時代に借りた地方公共団体金融機構からの借入金をより低利なものに借り換えることが認められたため、繰上償還を実施します。この償還による将来的な金利軽減額は約11.7憶円を見込んでいます。

議会の理解を得られるよう説明に努めていきます。
posted by 熊谷俊人 at 14:14| Comment(3) | TrackBack(0) | 市議会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
国民健康保険の赤字がアクションプランの結果どの程度改善されたのか知りたいです!!どこかで成果がみれたりしますか?
Posted by JEF at 2013年06月27日 20:08
はじめまして。市政だよりの市長メッセージ40号を読みまして感銘を受けました。いなげ〜幕張の浜、そして千葉港に関して言及されていましたね。
まず、私は幼少期から現在まで休みとなれば平日でも構わず幕張の浜、検見川の浜、いなげの浜にサイクリングします。自転車愛好家にとっては絶好の景色を堪能できるのは言わずもがな、ちょっとした散歩やランニングにも最適でしょう。実際、年齢を問わず人通りがある人工海岸ですよね。
しかし、市長も着目されているように海岸沿いにはそれといっていつでも気軽に立ち寄れる施設はありません。幕張ならマリンフィールドや開発中断のような雰囲気漂う浜田川緑地や幕張海浜公園くらい、検見川だと海浜病院、いなげだとアクアリンク千葉くらいでしょうか。
これらの価値はしっかりとあるとは思うのですが、やはり、とくに飲食店が欲しいと思います。いっそ季節に合わせた衣料店なんかも受けるのでは、と市民なりに考えています。要は、市長の記述には全力賛成で、実際にやり遂げて欲しいということです。
次に、千葉港改革について。旅客輸送のイメージは微塵もない千葉港ですが、ここから市長がおおせの通りに、伊豆や横浜へ船が出れば大改革でしょう。
現状市民が神奈川へレジャーなんかを考えるとやはり総武線快速横須賀線の利用です。土地形だからしょうがないと言えど、東京を介して神奈川入りをするのはあんまり気分がいいとはいえません。船で千葉からひゅーと行けたら、と何度も夢見た市民は私だけではないはずです。定期船設置まで、是非こぎつけて頂きたく存じます。
さて、前述で自転車愛好家と触れましたが、近年長距離サイクリングを楽しむ方は増えており、房総半島一周も珍しくたりません。そんな愛好家の神奈川県民が千葉へ来るとき、船を利用するということがあるのですが、到着先は港町、金谷です。南房総界隈の田舎です。 これはこれで、男のロマンといいますか、味があると思うのですが、到着先が千葉港だとどうです? 房総一周の計画もスムージー、それに開けた町ですから安心感や宿泊も可能です。以上のように、船の改革は神奈川の方にもおいしい面をもっております。
ぜひとも、以上の改革、挙行されること願っております。
長文乱文失礼致しました。
Posted by 幕張を愛する筋金入り千葉人 at 2013年07月03日 02:20
ご意見ありがとうございます。
今回1億円の赤字削減となりました。一般会計の予算繰りが厳しい関係で十分な繰り入れができていないため1億円の削減にとどまっていますが、実際には国保単体で見れば10億円以上の収支改善につながっています。
今後も改善を重ねて国保の収支改善に努めます。

また、海辺の街づくりについても非常に示唆に富むご意見を頂戴し、感謝します。
広い視野から首都圏で魅力ある独自の海辺づくりに取り組んでいきたいと思います。
Posted by 熊谷俊人 at 2013年08月10日 06:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック