【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2013年08月14日

G1首長ネットワークの合宿

13日・14日とG1首長ネットワークの合宿のため、佐賀県武雄市に行ってきました。

G1首長ネットワークとは、G1ネットワークの趣旨に賛同する首長を中心に、地方自治体から日本を変革する取り組みを実行するためのグループで、国に対する提言よりも「まずは実行・行動」との理念のもとで、それぞれの自治体でできることを議論しています。
千葉市・福岡市・奈良市・武雄市で結成したビッグデータ・オープンデータ活用推進協議会もこのG1首長ネットワークの議論を経て、実務的に進んできたものです。

今回の合宿には古川佐賀県知事、鈴木三重県知事、鈴木浜松市長、吉田横須賀市長、仲川奈良市長、高嶋福岡市長、越大津市長、さらに開催地の樋渡武雄市長が参加し、5つの行政分野(ICTの活用、教育改革、ベンチャー支援、少子化対策、公共人材育成)について2日間に渡って議論しました。
この間、外に出たのは話題の武雄図書館と、夜に御船山楽園という庭園に行ったのみで、知恵熱が出るような議論でした。

私が取りまとめを担当しているICTの分野では、民間からアイデアをもっと積極的に集めるための連携作り、庁内の電子化やセキュリティ対策を促進させる必要性などについて意見が出ました。
今回の議論を受けて、他の分野でも具体的な展開が出てきそうです。

忙しい首長のスケジュールを合わせるためどうしてもこの日程になったのですが、参加者からは「お盆の休暇が取れなくなってしまった…」というボヤキ節も。こればっかりは仕方がありません。
posted by 熊谷俊人 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック