【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2013年11月18日

首都圏県都市長会議に出席

今日はさいたま市で行われた首都圏県都市長会議に出席。
さいたま市・横浜市・水戸市・宇都宮市・前橋市・甲府市・千葉市の市長が集まって首都圏の県都に共通する課題や政策について意見交換をするものです。

前回はシティセールスについて、今回がICTを活用した街づくりについて意見交換。

テーマがICTだけに会議もタブレットを活用した会議システムを使いましたが、同期が取れなかったり、なかなか難儀でした。
私とすれば端末の同期を取ろうとするとシステムが入るので、スクリーンに現在のスライドを表示して、個々の端末が自由に使えるようにした方が楽ですし確実だと思います。ベンダはそのシステムで儲けるのでどうしてもそんな提案になるわけですが。

各市の取り組み状況を見ていて改めて感じるのは、先駆的な取り組みは総務省の実証実験で実施している例が多いこと、総務省から派遣された職員が中心となって進められていることです。
総務省は日本のICT行政の総本山ですから当然といえば当然なのですが、千葉市のように市職員が中心になって進めていることは十分誇りに思って良いのではないかと考えています。
posted by 熊谷俊人 at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 国や県の制度など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/380546687
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック