【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2009年06月19日

副市長人事について

副市長人事ですが、一部新聞でも報道されているように私は藤代副市長に留任をお願いしました。
ご本人は「鶴岡市政を支えてきた責任が私にもある。けじめをつけたい」と強い辞意を持っていらっしゃいましたが、曲げて私は慰留しました。

副市長人事に関しては多くの関心事ですから、直接・間接問わず本当に多くの方々からご意見を頂いています。「相手候補を応援していた職員の代表であり、改革の妨げになるから反対」とのご意見も頂戴しています。
しかし、私の新市政には藤代副市長は必要だと考えます。

私は選挙で「市役所の体質を変えなければいけない」「前市長の逮捕は市役所の構造的問題」と断じましたが、これは個々の職員を批判しているのではありません。
助役出身の市長が長年続き、一度も体制が変わらなかった、その流れに問題があるわけです。個々の職員でどうこうできるものではない、だからこそトップを変えなければいけなかったわけです。

官僚・公務員はトップの意向で動きます。彼らが悪いのではなく、トップである政治家が悪いのです。
民主主義ではあらゆる決定権は政治家にあり、だからこそ政治家は選挙で選べるようになっています。責任は政治家が取るべきです。

ですから、私は藤代副市長や幹部職員を責める気はありません。
ただし、市民にも影響が出ている厳しい財政状況に対し、市として責任を取り、市役所を挙げて財政再建に取り組むため、幹部の皆さんには痛みを分かち合って頂くつもりです。

選挙で相手候補を応援したことは私はどうでもいいことだと思います。そんなことで報復人事をやる気もありません。
選挙は選挙でお互い全力でやればいいんです。終われば民意に従えばいいんです。

私は過半の得票率で選ばれたとはいえ、11万人以上が林さんを支持したことは重く受け止めなければいけません。私はこれは市政の継続・安定を求める票だと思っています。
だからこそ副市長に今までを代表する方に残って頂き、オール千葉で望みます。厳しい直言もして欲しいと思っています。
posted by 熊谷俊人 at 06:00| Comment(12) | TrackBack(1) | 千葉市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

朝日新聞「モノレールは中止」について

※追記:朝日コムに修正をして頂きました。ご対応ありがとうございました

今朝の朝日新聞のネット版に「モノレール延伸は中止」という見出しが載っています。新聞では「中止の方向で」になっているのでこれはいいのですが、ネット版が少し言葉足らずです。
http://mytown.asahi.com/chiba/news.php?k_id=12000000906180003

記事の内容を見て頂ければ分かりますが、モノレールは中止・凍結の方向で今検討をしており、ある程度まとまったら市民や報道にはお伝えすると言っているわけです。
そう言っているにも関わらずああいう見出しになってしまうと、正直困ってしまいます。
posted by 熊谷俊人 at 06:30| Comment(14) | TrackBack(0) | 千葉市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

給与カットは財政再建というより経営責任

私が昨日記者陣に申し上げた自分と幹部の給与カットの件が掲載されています。

「財政再建策の一環」という書かれ方をしているケースもありましたが、これで捻出できる財源は全体からすると僅かです。危機的な財政に陥ったことに対する組織としてのけじめを取るという意味が本来の意図です。
局部長の皆さんには申し訳ありませんが、市政を代表する立場として一定の責任を果たして頂きたいと考えています。
posted by 熊谷俊人 at 06:45| Comment(15) | TrackBack(1) | 千葉市政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする