【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2011年07月28日

世界陸上に出場する今関雄太選手の表敬訪問

定例記者会見終了後、世界陸上に出場する今関雄太選手の表敬訪問
昨年2月にも東アジア大会の報告に来て頂いています。

110728imazeki.jpg

今関選手は400mハードルの選手で、稲毛区在住、渋谷幕張中学校・高等学校卒業。
6月の日本選手権において2位となるなどが評価され、8/27から行われる世界陸上の代表メンバーに選ばれました。自己ベストで走れれば準決勝までは進出できるとのことですから大いに期待したいですね。ここで良い結果を出せばロンドン五輪出場も見えてきます。

千葉市には今関選手を始め、日本を代表するクラスの選手がたくさんいます。
大事なことはそうした選手の活躍をより市民に知って頂き、選手の都合が許せば地元の学校などでアドバイスをして頂き、その競技の裾野の拡大や子ども達のスポーツへの意欲向上につなげていくことです。現在、そこまでの輪が十分に拡大できていませんので、以前から教育委員会に求めている人材バンク機能の充実などに取り組んでいきます。

posted by 熊谷俊人 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉市の魅力PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全国大会に出場する子どもたちの表敬訪問

この日は様々な方々が訪問された日でした。
朝から社会福祉協議会の高梨理事長と政策協議、千葉地方検察庁検事正の転任挨拶、そして小中学校囲碁団体戦全国大会の出場者表敬訪問

昨年も表敬訪問に来て頂きましたが、今年も渋谷幕張中学校主将:笹田涼君(個人戦中学生の部優勝)、打瀬小学校の岡田えりか、岡田せいら、岡田泰真さんに来て頂きました。岡田3姉弟はご両親がプロ棋士で素晴らしい才能を持っていますし、渋谷幕張は囲碁では県内トップクラスの実力を持ち、多くの学校が渋谷幕張を目標に頑張っている状況です。
将棋や囲碁は頭の体操には最適ですから、こうした子ども達の活躍を見て市内でも囲碁をする子どもが増えていくといいですね。私は将棋はやるのですが、囲碁は以前少し勉強したもののやらず仕舞いですから、この機会にもう一度勉強してこの子たちに指導してもらおうと思っています。

この日同席された千葉県少年少女囲碁連盟の山下会長のブログにも今日の記事が掲載されています。

110728igo.jpg


この日はさらに、県大会で優勝し、全国大会進出を決めたみつわ台バレーボールクラブ(小学生)の表敬訪問がありました。
1昨年にも全国大会に進出し表敬訪問を受けていますが、今年は県大会の全試合をストレート勝ちしており、全国大会でも良い成績を期待しています。
監督に伺うと中学でバレーボールを続けていく環境がなかなか無いとのこと。女子サッカーも同様に中学が一つの壁になっているようですから、女子スポーツの興隆、というより性別・年齢を問わずスポーツに打ち込める社会を作るためには中学生スポーツの指導者の育成や環境の整備を考えていかなければいけません。
posted by 熊谷俊人 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉市の魅力PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

マリン基金ネームプレート掲示が実現!

最近、寄附の紹介は殆どが東日本大震災の義援金などですが、QVCマリンフィールド(旧マリンスタジアム)の設備充実に向けたマリン基金も多くのご寄附を頂いています。

その額、7月20日現在で1億2,077万6,447円に達しています。
多くのファンのご理解に感謝します。

既に5,000円以上寄附頂いた方にはオリジナルグッズ、1万円以上寄附いただいた方には旧人工芝をプレゼントするなどの取り組みをしていますが、以前から要望があった球場へのネームプレートの掲示も実現することとなりました。
7月30日(土)17時から寄附を頂いたマリーンズファン代表と私によるお披露目式を行います。詳細はこちらのページをご覧下さい。

私も自分の娘の名前にしてネームプレートを掲示したいのですが、公職選挙法上、私は千葉市に寄付することができません。大変残念です。
市議会でも小川議長を筆頭にマリーンズファンは多いのですが、同様の理由でご寄附頂けないのが残念です。
posted by 熊谷俊人 at 17:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 千葉市の魅力PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

いよいよ海開き:いなげの浜海水浴場の放射線量

いよいよ海開きが近づいてきました。

今朝テレビなどでは茨城の海水浴場などで風評被害によって客足が減っているという報道がありました。首都圏の主だった海水浴場は海水・砂浜ともに放射線測定を行い、問題ない数値となっていますので、是非お出かけ下さい。

いなげの浜海水浴場においては砂浜部の空間放射線量率を1cm・50cm・1mで7/13に測定し、いずれも0.06μSv/hという低い数値でした。
海水中の放射線の測定は6/13に測定し、検出自体されませんでしたが、7/13にも採取し現在分析中です。数値が出次第、公表します。また、8月上旬にも実施する予定です。

なお、稲毛海浜公園プールにおいては現在放射線が検出されていない水道水を使っていますのでご安心ください。
posted by 熊谷俊人 at 10:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 千葉市の魅力PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

親子フェスタ、災害と生物多様性

この日は蘇我にあるジェフのユナイテッドパークで行われた親子フェスタ(ジェフの選手・コーチによるサッカー教室)に出席。
この日は大変暑い日でしたが、去年よりも大勢の親子が参加していました。

110710jef.jpg

サッカーを通じて親子の絆が深まり、ジェフがサポートする、まさにホームタウンに相応しい取り組みで、継続して実施している千葉中央ロータリークラブ・中央区PTA連絡協議会の皆さまに感謝です。
中央区役所では中央区の特色を活かした街づくりの中でジェフを全面的に活用していくこととしており、この取り組みは中央区役所にとっても大いに参考になるものです。

サッカーと言うと男の子のスポーツというイメージがありましたが、会場には多くの女の子が参加していて、みんなで「これからはサッカーも女の子の時代かな~」なんて言い合っていました。
折しもこの日はなでしこジャパンがドイツに対して歴史的勝利を納めた日で、その試合で得点を挙げた丸山選手はジェフに所属しており、ジェフの社長以下大いに喜んでいました。

この親子フェスタから将来のJリーガーやなでしこジャパンのメンバー入りする選手が誕生することを大いに期待していますし、市としてもバックアップしていきます。

その後、千葉大学で行われた公開フォーラム「災害と生物多様性」に出席。
東日本大震災では人類の被害が当然注目されるわけですが、他の動物も当然大きな被害を受けています。未来に自然を残していくためにも生物多様性という観点から災害を見る目が私たちには必要です。

110710tayousei.jpg
posted by 熊谷俊人 at 23:00| Comment(3) | TrackBack(1) | 千葉市の魅力PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

いなげの浜の清掃ボランティア、海開き近し

この日は朝から「いなげの浜」で行われた清掃ボランティア活動に参加。
これは千葉市建設業協会を始め業界5団体の皆さまが参加して、海開きの前に浜を清掃して頂く活動です。ゴミを拾うだけではなく、流木の撤去など業界団体ならではの取り組みをして頂いています。

110709inage.jpg

110709inage2.jpg

いなげの浜を始めとした人工海浜は日本で最長です。
また、いなげの浜は県内の海水浴場の仲でも4番目の海水浴客数を誇る名所です。
今年は節電もあり、稲毛海浜公園プールといなげの浜が大いに賑わうことになるでしょう。
posted by 熊谷俊人 at 23:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 千葉市の魅力PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

千葉県立美術館で山下清展が開催中(7/10まで)

千葉県立美術館で山下清展が開催中です。
私も見てきましたが、市川市にある八幡学園時代の作品から有名な長岡の花火、晩年の東海道五十三次など、山下清の生涯にわたる作品を見ることができます。また、本人の日記を作品の横に掲示するなど、山下清の人柄も伝わる展示内容でした。

7月10日までなのでご関心のある方は是非。
千葉県立美術館にはモノレール、もしくは小湊鉄道の千葉みなとループバスが便利です。

千葉県立美術館は予算縮減の中でなかなか独自の企画展ができない状況でしたが、今回この山下清展で近年稀に見る来場者数となっています。
もちろん来場者が多ければ良い展覧会というわけではありませんが、千葉県立美術館を多くの人たちが身近に感じるきっかけになれば良いと思います。遠方から来る来場者による経済効果というものも大きいものがあります。

110706yamashita.jpg

110706yamashita2.jpg
posted by 熊谷俊人 at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉市の魅力PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

ちば風太WAONカードがいよいよ7/7販売

午後からは市役所で行われた「ちば風太WAONカード」の先行販売。
以前このブログでご紹介しましたが、いよいよ7月7日から販売されます。
私も妻の分を含めて2枚購入しました。

イオン、ミニストップ、ファミリーマートやマクドナルドなどで使用することができ、利用金額の0.1%が千葉市に寄付されることになるというカードですから、是非多くの市民の皆さまにご活用頂きたいと思います。

ちば風太WAONカード誕生:イオンと包括提携協定(5/28)

110705waon.jpg

その後、市長出前講座を2ヶ所で実施。
今日は財政に関しての説明でした。
posted by 熊谷俊人 at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉市の魅力PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月02日

橋口五葉展、オススメです

白井小学校の式典出席後、千葉市美術館で行われている橋口五葉展千葉市美術協会特別展を視察。

橋口五葉はご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、夏目漱石の『吾輩ハ猫デアル』などの文学書の装幀で有名な画家です。
私も様々な美術館で橋口五葉の装幀を見て、非常に印象に残っている芸術家ですが、今年で生誕130年にあたることから千葉市美術館において特別展を行うこととなり、有名な装幀以外にも初期の作品、さらには晩年の浮世絵的な木版画などが展示され、橋口五葉の作風の変化などを知ることができます。晩年の絵は私も大いに感銘を受けました。

橋口五葉の装幀をまだ見たことがない方は是非この機会にご覧になることを大いにお勧めします。今の時代にも通用する非常にデザイン性に優れた装幀です。
この展覧会は7月31日まで開催しています。

なお、県立美術館では山下清の企画展が開催されており、大変な人気だそうです。
posted by 熊谷俊人 at 22:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 千葉市の魅力PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大賀ハスが見ごろです

この日は朝から大賀ハスを観る会に出席。
千葉公園の名物の一つである大賀ハスが今見ごろを迎えています。
この時期だけ味わうことのできる大変贅沢な光景です。

なお、この大賀ハスを観る会は市民団体の皆さま方による手作りの催しで今年で4回目です。
毎年充実しており、恒例の野点に加え、今年はハスを生けた飾り物や地元のお琴の先生による演奏もありました。今年は大賀博士が花見川の東大グラウンドで大賀ハスの実が発見してから60周年にもあたります。是非お越しください。

午後からは白井小学校の創立140周年記念式典に出席。
この白井小学校は千葉市の中で一番学区の広い学校で、地域の方々との繋がりが非常に深い学校の一つです。また、ここでも大賀ハスが育てられており、今見ごろを迎えています。

校庭にある巨大な滑り台が凄いと聞いてはいましたが、今日実際に現物を見てその大きさに驚きました。そして、さらに今回PTAや地域の皆さまの手によりアスレチックジムが学校に寄贈されるということでテープカットを行いました。昔、白井小学校にはアスレチックジムがあったそうですが、老朽化で使えなくなり、保護者などから復活の声が上がり、資源物回収やバザーなどで毎年お金を貯めて今回いよいよ整備することになったとのこと。保護者はもとより、地域の皆さんが「自分達の学校・子どもを支えよう」という気持ちの表れだと思います。
posted by 熊谷俊人 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉市の魅力PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

JA千葉みらい青年部・女性部との意見交換

この日は各種政策協議、東本願寺からの義援金の受納。
東本願寺ではそれぞれの檀家に対して義援金の協力を呼びかけ、東北を中心とした被災地に配っているそうです。全国の門徒の方々の善意に感謝します。
なお、「千葉市応援します義援金」は6/14現在で1474万円に達しています。ご協力頂いた団体の皆さまのリストも含めて市ホームページに掲載しています。

110630higashihonganji.jpg

夕方からはJA千葉みらいの青年部・女性部の皆さんと意見交換・懇親会
市の農政政策をお伝えしたほか、各種支援制度の細かな改善や耕作放棄地の有効活用などについて貴重な意見を数多く頂きました。
千葉市の魅力の一つは内陸部に豊かな農業・畜産地域を抱えていることです。この魅力を多くの方々に触れて頂くため、今後も農業関係者との連携を深めていきます。
posted by 熊谷俊人 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉市の魅力PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

マリーンズ、ジェフともに快勝

ホームタウン推進関係が多い週末でした。

土曜日はQVCマリンフィールドに行き、千葉市x千葉ロッテマリーンズxスタートトゥデイのコラボによるマリーンズポロシャツの記者発表。今シーズン大活躍の唐川投手にもご協力頂きました。
瀬戸山社長を始め球団関係者からは「今日でQVCマリンで1ヶ月勝っていないので今日は絶対に勝ちたい」という話がありましたが、その気合が実ったのか、見事快勝!
今シーズンは東日本大震災による対応などもあり、なかなか球場に来られませんでしたが、これで弾みがつくといいですね。

日曜日はジェフ20周年記念ということでFC東京戦以来、フクダ電子アリーナで激励観戦。
こちらも岐阜に3-1で快勝し、首位をキープ。
なお、ジェフも市役所職員限定ですが、ジェフポロシャツをコラボで作成しています。
posted by 熊谷俊人 at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 千葉市の魅力PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

ボストン美術館浮世絵展が終了(18,260人)

千葉市美術館で開催していたボストン美術館浮世絵展はこの日で終了。
入場者は総計18,260人でした。

震災後の自粛ムードなのか、どの展覧会も軒並み予想以下という状況のようですが、まずまずの人出と言えます。特に最終日は1,000人を超える状況だったとか。
なお、以前ブログで紹介した千葉市美術館オリジナルの写楽キューピーは好調に売れているとのことです。

6月14日からは「生誕130年 橋口五葉展」が始まります。
夏目漱石など著名な作家の作品の優美な装本を私も様々な美術館や博物館で見たことがありますので楽しみにしています。皆さまも是非お越しください。
posted by 熊谷俊人 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉市の魅力PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

ちば風太WAONカード誕生:イオンと包括提携協定

昨日、千葉市とイオンは包括提携協定合意の発表式を行いました。
イオンの持つ資源・ネットワークを活用し、千葉市のより一層の活性化と市民サービス向上を行います。市町村単位でのイオンとの提携は銚子市に次いで2例目、政令指定都市としては初になります。

110527aeon1.jpg
イオンリテール村井社長と

●地元に本社がある大企業とようやく提携
これは千葉市にとって非常に大きな意味を持ちます。
イオンの本社が千葉市にありながら、今まで千葉市はイオンと密接な連携をしていませんでした(防災協定など個々の連携はありました)。市長になって以来「せっかくここまで大きな企業の本社があるんだから、もっとイオンと密接に関わろう」ということで、職員を1年間派遣するなど様々な取り組みを進めてきました。
また、幕張新都心に今まで以上に市として関与する戦略を進める中でも幕張に立地しているイオンの存在は大きく、特に企業庁の豊砂拡大地区に対してイオンが大規模な開発を提案して選ばれるなど、今まで以上にイオンは千葉市の街づくりにおいて大きな役割を占めることが期待されています。

●提携話の発端は国際経済交流
そんな中、千葉市が進めている国際経済交流の中でもイオンとの関わりが出てきました。
昨年ヒューストン市に私が行って協定を結んだように、今千葉市では姉妹友好都市を文化交流だけでなく経済での連携も強めていこうという戦略を持っています。今年は友好都市の天津市・呉江市がそれぞれ提携25周年・15周年と節目の年であり、私も秋に2市を訪問して協定を締結する予定となっているなど、今年はこの2市との経済交流のスタートの年にするべく、経済部・国際交流課が準備を進めているところです。
その天津市にイオンは進出しており、今後天津市に千葉市の企業が進出するにあたって様々な連携ができないか、イオンと折衝する中でこの包括提携協定の話が出てきました。経済部を中心に進めてきた新たな取り組みがこのような果実を生み出し、私としても大変嬉しく思っています。

●企業立地支援など独自項目が
千葉市独自の提携項目として「企業立地支援に関すること」が盛り込まれており、市のインキュベーション施設を卒業した企業がイオンへの出店を希望する場合の各種情報提供、国外店舗における市が実施する姉妹都市等との経済交流の推進への協力などを今後展開していきます。また、「幕張新都心及びその他地域の活性化」も項目として存在します。

●ちば風太WAONカード誕生!
さて、ここからは市民の皆さまに直接関係することです。
この提携の中で地域WAONカード「ちば風太カード」が誕生することとなりました。WAONカードはご存知の方も多いと思いますが、イオングループが展開している電子マネーでイオン、ミニストップ、ファミリーマートやマクドナルドなどで使用することができます。地域WAONカードは包括協定に基づいて発行されるカードで利用金額の0.1%が千葉市に寄付されることになります。つまり、普段買い物をするだけで地元の街づくりに貢献することができるスキームです。利用額の多い銚子市では年間100万円以上が寄付されているそうです。

7月7日から発行されますので、是非多くの方々にご利用頂きたいと思っています。
カードの図面も非常に可愛らしく、イオンとしても「今回は特に自信があります」とのこと。目標は1年間で3万枚(千葉県のWAON発行枚数は約120万枚)です。

110527aeon2.jpg

千葉日報:千葉市とイオンが包括協定 防災や観光13項目 風太カードで環境整備も
日経新聞:イオンと千葉市、市内企業の拠点新設で支援 中国進出など
東京新聞:7月からWAONカード登場 千葉市と「イオン」包括提携
posted by 熊谷俊人 at 16:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 千葉市の魅力PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

千葉大学サイエンスパークセンター開所

この日は朝から政策協議、イオンとの包括提携協定合意の発表式(別途記事にしています)。
午後からは地域産学官共同研究拠点:千葉大学サイエンスパークセンター開所記念式典に出席。

私が楽しみにしていた拠点がいよいよオープンします。
これは独立行政法人 科学技術振興機構(JST、千葉市科学館が今連携しているところです)の補助事業「地域産学官共同拠点整備事業」に千葉大学が提案した拠点です。
医工連携・ロボティクスを重点分野としており、千葉大学の持つ研究成果を活用して新たな事業展開を図ろうとする県内の中小企業や、自身の研究成果や技術をもとに企業を目指す研究者を対象とした施設です。

斎藤学長とも話をしましたが、こういう素晴らしい拠点をいかに地元企業に活用してもらうかが鍵になると思います。
大学というのはどうしても敷居が高いと思われがちで、これだけ産学連携に向けて大学側が門戸を広げていてもなかなか活用が進まない可能性があります。昔と違って大学側も生き残りに必死ですから、皆さんが思っている以上に積極的に外部と連携しようとする意志は強いものがあります。
意欲のある経営者の方は是非一度このサイエンスパークを訪れてみて下さい。世界的ビジネスの種がここから生まれるかもしれません


110527chiba1.jpg

110527chiba2.jpg

110527chiba3.jpg

その後、中央公園で行われているコンテナガーデンコンテスト展示を視察。
市内で花いっぱい活動をされている団体が思い思いの展示をしていて非常に癒されました。
市役所に戻り、千葉商工会議所の会報インタビュー対応、政策協議。

110527garden1.jpg

110527garden2.jpg
同時に行われている皐月展も

この1週間は体調を崩しながらも何とか持ちこたえた週でした。
季節の変わり目ですので皆さまもお身体にはお気をつけ下さい。
posted by 熊谷俊人 at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 千葉市の魅力PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

千葉市大好きさわやか家族との対談

この日は千葉市大好きさわやか家族との対談+BayFMラジオ収録。

千葉市では街の魅力を市がPRするだけではなく、実際に住んでいる市民の方から「どんなところが魅力的か」「他市から引っ越してきてどこが気に入っているか」などを訴求する取り組みを行っています。

・千葉市は子育て支援館や子育てリラックス館などの子育て支援施設があって本当に良い
・千葉市に引っ越してきたのは子どもを育てるにあたって緑の多い地域に住もうと思い、青葉公園の近くに住みたかったので
・東京にも通勤でき、比較的道路や公園も広いので安心して子育てができる
・マリーンズとジェフという2大プロスポーツがあることも魅力の一つ
・近くに観光農園もあり、子どもも喜んでいる
・そういう意味で千葉市は"本物"に触れることができる街だと思う。これは子育てにとっては重要
・もっと千葉の魅力をPRして欲しい
・蘇我に住んでいるが、もっとジェフの街という色付けをして欲しい
・細かな道路にも歩道を整備して、安心して子どもを歩かせられるようにして欲しい

など、様々な意見を伺うことができました。
今後のPRの参考にさせて頂きます。

住みたい 千葉市だいすき!さわやか家族

110522sawayaka.jpg

110522sawayaka2.jpg
この収録は若葉区にある東京情報大学が行って頂きました

110522bayfm.jpg
BayFMの収録
posted by 熊谷俊人 at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 千葉市の魅力PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

元宝塚トップスター水夏希さんの舞台を鑑賞

県への要請活動後、市役所に戻り政策協議。
夕方からは東京へ行き、3月9日に訪問して頂いた千葉市出身の元宝塚トップスター水夏希さんの舞台「スミレ刑事の花咲く事件簿」を鑑賞しました(当然ですが自費です)。

水夏希さんにとっては宝塚退団後、初の舞台で、且つこの日は舞台初日ということもあり、熱心なファンの方々が大勢駆けつけていました。
舞台は宝塚時代をネタにしたコメディーもあり、そしてシリアスな場面もあり、大変面白かったです。水さんの幅広い演技に惚れ惚れしました。

お母様や千葉市の方々にも声をかけて頂き、感謝です。

⇒3月9日訪問の模様は当日の日記で
 http://kumagai-chiba.seesaa.net/article/189804941.html

posted by 熊谷俊人 at 23:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 千葉市の魅力PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

千葉市美術館「ボストン美術館浮世絵名品展」

千葉市美術館で「ボストン美術館浮世絵名品展」が4月26日から始まっています。
これは是非お勧めです。

昨年度千葉市美術館は開館15周年を迎え、伊藤若冲展や田中一村展などを大成功させて注目を集めました。
今年度はこのボストン美術館展からスタートしますが、ボストン美術館は世界有数の日本美術コレクションを所蔵する美術館として知られており、その質の高さ、膨大な作品数から、近年では「浮世絵の正倉院」とさえ通称されています。中でも浮世絵はコレクションの中心であり、浮世絵に力を入れてきた千葉市美術館としても重要な展覧会です。

本展覧会は、ボストン美術館に所蔵される浮世絵の中でも、最も華やかに錦絵が展開した天明・寛政期(1781-1801)を取り上げ、鳥居清長(1752-1815)、喜多川歌麿(?-1806)、東洲斎写楽の名品を中心に、同時代の浮世絵師の作品を加えた約140点を展示します。ボストン美術館の幅広い浮世絵コレクションだからこそ可能な、スター浮世絵師たちによる錦絵の華麗な競演をお楽しみください。

私自身も楽しみにしていましたので個人的に見に行く予定です。
詳しくは千葉市美術館ホームページをご覧下さい。また、Twitterアカウント(http://twitter.com/ccmav)も開設したようです。

ちなみに千葉市美術館ではオリジナルグッズとして「写楽キューピー」という携帯ストラップを500円で販売しています。500円のうち100円が被災地への義援金となりますので是非お買い求め下さい。

110429sharaku.jpg
posted by 熊谷俊人 at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉市の魅力PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

24日にレッサーパンダ「メイメイ」お披露目式

千葉市動物公園でレッシャーパンダ舎を整備していましたが、完成に伴い、新たに導入した「メイメイ」のお披露目式を4月24日に行います。

・実施時間:午前10:30-11:00
・開催場所:レッサーパンダ舎
・主な内容:飼育担当者によるお話、全頭数(雄4、雌2)を屋外展示場にて公開

なお、この日は千葉市に避難されているかたがたの入場料を無料とするほか、ゾウ舎のバックヤード案内を行う取り組みをします。
posted by 熊谷俊人 at 23:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 千葉市の魅力PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

QVCマリンフィールドで東北楽天と開幕戦

今日はプロ野球の開幕戦。
千葉ロッテマリーンズもQVCマリンフィールドで東北楽天と対戦しました。

●平日デーゲームに大勢のファンが
千葉市も液状化現象が発生し、QVCマリンフィールドもスタジアム部分・周辺部分ともに大きな被害を受けました。一時は開幕に間に合うかも懸念されましたが、市・県ともに急ピッチで修繕を進め、何とか開幕に間に合わせることができました。
平日のデーゲームにも関わらず2万人以上の入場者が駆けつけ、スタジアムは熱気に包まれていました。

●東北楽天と千葉は縁があります
東北は千葉市とは比べものにならないくらい甚大な被害を受けており、東北楽天にとって今シーズンは特別な意味を持っていると思います。
実は東北楽天がプロ野球に参戦した時も開幕戦はこのスタジアム(当時の名称は千葉マリンスタジアム)でした。震災後もここ千葉市、そして被災地を本拠地とするチーム同士という、巡り会わせを感じる開幕戦でした。

●マリンは新人工芝、ネーミングライツで新たなスタート
また、今シーズンは新しい人工芝に張り替わるとともに、ネーミングライツによって千葉マリンスタジアムがQVCマリンフィールドに変わった最初のシーズンです。
今日はQVCジャパンのクリス・ホロビンCEO、佐々木社長とともに看板除幕セレモニーも行われ、QVC側も「会社設立10周年のメモリアルに、このような形でネーミングライツを取得したことに意義を感じる。今後も積極的に社会貢献をしていきたい」とのことでした。幕張の街づくりにも貢献したいとのことで、今後も連携を深めていきます。

110412qvc1.jpg

●私は冒頭挨拶をしました
その後、開幕セレモニーが行われ、私も冒頭挨拶。
東北楽天の活躍が被災地に、千葉ロッテマリーンズの2年連続日本一を目指しての奮闘が千葉に勇気を与えてくれること、ファンの熱い応援が被災地・日本に元気をもたらすことを願うとともに、被災地の支援に向けてそれぞれができることを精一杯尽くすことを呼びかけさせて頂きました。

110412qvc2.jpg

110412qvc3.jpg
新しい人工芝。上から見ていてもグラウンドの鮮やかさが違います

私は公務のため最初の方しか観戦できませんでしたが、4-6で楽天が勝利したようです。
今シーズンの両チームの活躍を期待し、ホームタウンとしてマリーンズを今年も支援していきたいと思います。

節電への協力のため、QVCマリンではしばらくデーゲームが続きます。
入場者数が減り、球団経営も厳しくなることが予想されますので、平日にご都合がつく方は是非球場に足をお運びください。
posted by 熊谷俊人 at 20:39| Comment(4) | TrackBack(0) | 千葉市の魅力PR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする