【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2009年09月30日

ゴミ分別、ヒーローを作る!?

今日も議会でした。
合間に各種政策協議。

●10月1日、ごみ収集体制が変更
いよいよ明日からゴミの収集日が変更になります。
しばらくは間違えてゴミを出してしまう方が多いと思いますので、職員1000人以上が早朝啓発を行います。私も地元のゴミステーションに待機する予定です。

●今までとは違う、ゴミ分別のアピールを!
夜、環境局で残っている職員と今後のゴミ施策について話をしたのですが、やはり雑紙を中心とした分別についてもっと強力にPRする必要があるのではないかと思います。
行政の考え方の延長線上で周知するのではなく、もっと突き抜けたアイデアが必要です。例えば"分別マン"のようなヒーローと、雑紙なら"ザツガミダー"といった悪役との寸劇を市内でゲリラ的に展開したり、学校に突然登場したり、そういった盛り上げ方も考える余地があるのではないかと。

千葉大や若手商工関係者などの協力も頂きながら何か検討してみて、とお願いしてみました。
夜だから少し発想がおかしくなっているのかもしれません。朝起きてもう一度この記事を見返した時に自分自身どう思うでしょうか…

ちなみに正当な施策としては、ルールを守らない排出ゴミは中身をチェックし、出し主を特定して警告することを徹底しようと考えています。
横浜市では同様の取り組みを既に始めており、3回警告すると罰金を取ることもできる条例まで制定しています。真面目にゴミルールを守っている人がバカを見ないよう、ルールの徹底に全力を尽くしたいと思います。
posted by 熊谷俊人 at 21:23| Comment(13) | TrackBack(0) | 環境対策(ゴミ削減など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月19日

まるごみ09に参加

今日は朝から「まるごみ(湾岸まるごとゴミ拾い)」に参加するため、稲毛ヨットハーバーに移動。
まるごみはBayFMのDJ:KOUSAKUさんが発起人となって千葉の湾岸を同じ日にみんなでゴミ拾いをするイベントです。私も昨年第1回の時に声をかけられてから関わらせていただいています。

090919marugomi1.jpg

稲毛ヨットハーバーには千葉大生、ボランティア、磯辺高校の高校生や大和ハウスの従業員の方などが集結。みんなで浜辺の掃除をしました。
私はその後、DJ KOUSAKUさんのラジオ番組に出演するためテントで録音。

090919marugomi2.jpg

来年9月には千葉国体が行われ、千葉市もこのヨットハーバーを会場にセーリングの競技があります。
今、国体の運営ボランティアを募集しています。千葉県で国体が行われるのは何十年に一度のことですから、ご興味のある方は是非応募してみてはいかがでしょうか?

千葉国体ホームページのボランティア募集ページ
posted by 熊谷俊人 at 16:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 環境対策(ゴミ削減など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

焼却ゴミ1/3削減に黄色信号

毎月恒例の焼却ゴミ量の8月分が出てきました。
前年比39トン増。減ではなく増です。

7月は前年比1,327トン減でしたが、8月は減少がストップしてしまいました。
今年度の削減量は累計で4,223トンで、このままでは今年度の目標である15,000トンは達成できそうにありません

ゴミ削減は最初は順調かもしれませんが、どんどん削減余力が無くなりますからこれからが正念場です。
削減が思うように進まなければ清掃工場を建て替えざるを得ず、そうなれば莫大な税金(200億円)がかかってしまいます。

10月1日のゴミ収集体制の変更にも理解を頂いて、なんとか古紙・雑紙の分別回収を進めていかなければなりません。
私たちもあらゆる努力をして参りますので、皆さまもご協力よろしくお願いいたします!
posted by 熊谷俊人 at 09:23| Comment(19) | TrackBack(0) | 環境対策(ゴミ削減など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

ごみステーションの早朝啓発&施設視察

今日はごみステーションの早朝啓発に参加。
ゴミ出しルールのチェックと、10月から実施するゴミ収集体制の変更を周知するため目下取り組んでいます。10月の実施まで職員も総出で取り組みます。

090825gomi.jpg

地元自治会の方々とパトロールをしましたが、収集体制の変更は皆さん関心があるようで「うちは何曜日になるの?」「いつ詳しい周知があるの?」と多くの方から質問を受けました。
ちなみに各エリア毎で収集する曜日を書いた案内を今月末から9月上旬にかけて全戸ポスティングする予定になっています。私達も10月まであらゆる手段を活用して周知を強化します。

●マニフェストをどう進めるか、もう少しで公表します
その後は局部長会議、マニフェストPT本部会議に出席。
マニフェストの工程表がいよいよ形になってきました。来週には市民の皆さまにもお披露目できる予定です。
ただ、実施に向けての詳しいプロセスが書かれているので、どうしても分かりづらくなってしまうことが悩みのタネです。市民の皆さんの意見も伺いながら、ですね。

●保健福祉関係の施設視察
お昼からは市内施設の視察。
新型インフルエンザ対応の中心的施設である環境保健研究所、駅前小規模保育所、子育てリラックス館、母子生活支援施設を視察しました。
新型インフルエンザも流行期に入ってきていますし、将来的な強毒性のインフルエンザが流行した時の備えを万全にしておかなければなりません。

夜は農政懇談会。
千葉市の農業について熱い議論が交わされました。
posted by 熊谷俊人 at 22:21| Comment(8) | TrackBack(0) | 環境対策(ゴミ削減など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

ゴミ収集体制の変更について説明会

今日は朝に千葉市長杯争奪学童野球大会に出席。
硬式野球のリトルリーグは千葉市が日本代表として今アメリカに渡っていますが、これは軟式野球で毎年マリンスタジアムで実施しています。
始球式の記憶が残る中、挨拶をしました。

その後は市民会館で行われた廃棄物適正化推進員の説明会に出席。
これは各地域でゴミ収集に従事して頂いている方々への説明会で、このブログでも何度も紹介しているゴミの収集体制の見直しについて主に説明をする場です。
普段であれば市長は出席しませんが、今回は大きな変更となるため私も出席してゴミ削減の重要性を直接訴えました。

質疑も活発で以下のような質問が出されました。

・雑紙には個人情報が含まれるが、保護は万全なのか?
  ⇒そこは自己責任になるので個々で黒塗りするなどの対策を
・何が雑紙なのか、など具体的に案内に書いて欲しい
・プラスチック類は回収しないのか?
  ⇒将来的には回収する計画
・ゴミステーションが一杯になる危険性がある
・不法投棄を無くすためゴミ袋の中身を見て捨てた人間を調べることは違法か?
  ⇒適正化推進員が行うことは問題ない
・祝日も回収するとのことだが、これは可燃ゴミのみか?
  ⇒その通り。誤解を招かないよう周知の時は注意する
・カラス対策が必要
  ⇒色々と調べているが有効な対策が無い。今後も研究する

私は途中で退席をしましたが、その後も色々と議論があったようです。
一つひとつ声を吸い上げて周知の工夫をしていきたいと思います。

夕方からは盆踊り巡り。
子どもに関心をもってもらえることが多く、非常に嬉しく思っています。子どもが市長を身近に感じて、さらに市政を身近に感じてもらうことが何より大事です。
posted by 熊谷俊人 at 22:09| Comment(8) | TrackBack(0) | 環境対策(ゴミ削減など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

焼却ゴミ3分の1削減のコスト削減効果

千葉市では今ごみ3分の1削減を進めていますが、その理由の一つに「3分の1削減すれば200億円以上税金が浮く」というコスト削減があります。
この点についてもう少し詳しく説明したいと思います。

今、千葉市では

・新港清掃工場
・北清掃工場
・北谷津清掃工場

の3つの清掃工場で可燃ゴミを焼却しています。
このうち、北谷津清掃工場が既に老朽化しており、仮に新しく清掃工場を建設すると182億円がかかります。そこで、可燃ゴミを3分の1削減して2工場体制とすれば新規建設が不要となり、182億円がまるまる浮くということになります。

また、工場の維持管理費(6億円ほど)も毎年不要となります。
ちなみに北谷津清掃工場は老朽化が著しくメンテナンスに多額の税金を要している状況ですから、1年でも早く削減を達成すればそれだけ税金がさらに浮く計算になります。

さらに大事なことは、ゴミを削減すれば最終処分場の寿命も延命させることができる点です。
ゴミは燃やしたらゼロになるのではなく、大量に焼却灰が発生し、それを最終処分場に運んで埋め立てています。今使用している新内陸最終処分場(建設費130億円)は埋め立て率が平成20年度末で35.8%で、現状のごみ量のまま埋め立てを続けると15年後には満杯となります。

最終処分場は建設にも多額の税金を要するほか、地元の理解が得られにくく、新規建設は極めて困難です。ちなみに焼却灰の処理を外部に委託する場合は年間13億円ほどかかる見込みです。
ゴミ削減は最終処分場の延命という観点からも極めて重要な施策です。

このようにごみ減量は環境面だけでなく、コスト削減という観点からも極めて重要な施策です。
今回の収集サイクルの変更もその施策の一環なので市民の理解をなんとか得なければなりません。説明不足の点も反省し、今後もっと積極的に周知を行っていきます。
posted by 熊谷俊人 at 11:00| Comment(25) | TrackBack(0) | 環境対策(ゴミ削減など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

7月のゴミ削減量は1300トン

7月の焼却ゴミ削減量を発表しました。
昨年7月と比べ1,300トンの減量です。
今年度は15,000トンの削減を目指していますので、今後もさらなる啓発活動に取り組んでまいります。

焼却ゴミを減らすことはエコであることはもちろん、焼却工場を3工場体制⇒2工場体制にすることで200億円以上の税金が浮く、市民にもメリットがある施策です
皆さま方のご協力をよろしくお願いします。

下記サイトに削減状況やゴミを減らすための工夫などが紹介されていますので是非ご覧ください。

⇒環境総務課のページ
 http://www.city.chiba.jp/kankyo/kankyokanri/somu/herasou.html
posted by 熊谷俊人 at 10:29| Comment(9) | TrackBack(0) | 環境対策(ゴミ削減など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

ゴミの早朝啓発&ゴミ回収日の変更のお知らせ

今朝はゴミの取り残しの早朝啓発に参加。
千葉市は決められたルールを守っていないゴミは回収しないという取り組みを続けていますが、今日はその啓発を行うため職員総出で各ゴミステーションで啓発活動を行いました。私も地元の穴川エリアで町会の皆さんと見回りをしました。

090806gomi.jpg

段ボール・ペットボトルなど、資源ごみがやっぱり含まれていました。特にアパート周辺はどうしてもルールが守られていないゴミが多いです。
ルールを守って頂けるとリサイクルも進んで環境にも良く、ゴミの量も減るので焼却炉のコストが下がって税金がオトクに、と市民にとってもメリットがあることをもっと強くアピールしていきます。

なお、10月1日から千葉市は古紙・布類の回収を月2回から毎週1回に拡大し、リサイクルにさらに弾みをつけます。
その一方で燃えるゴミの回収が週3日から週2日に減りますので市民に理解を得ていく必要があります。ちなみに週3日実施している政令市は千葉市以外では2市のみで、リサイクルの時代この変更は止むを得ないものがあります。

※8月7日追記
コメントで祝祭日の未収集の話がありました。
今までは祝祭日は月曜日を除けば収集を休んでいましたが、今後は祝祭日も収集するようにしますので、週に1回しか回収されないということは発生しません。
posted by 熊谷俊人 at 23:10| Comment(12) | TrackBack(0) | 環境対策(ゴミ削減など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

産業廃棄物の山、通称「平川富士」を視察

ヘラソーズの活動の後は、緑区平川に移動して産業廃棄物の山、通称「平川富士」を視察しました。

090727hirakawa.jpg

ここは元々は産業廃棄物の中間処分場だったのですが、ある時期に一気に凄まじい量の産業廃棄物が持ち込まれ、処理されないままゴミ山となっています。
写真を見て頂ければ分かりますが、まるで古墳かと思わせるほどの規模で地元の人たちは「平川富士」と呼んでいます。

地元の議員も含めて解決に取り組んできたのですが、所有者に資金が殆どなく当事者では処理することは事実上不可能です。
じゃあ市が行政代執行で処理するかと言っても処理には数億円が必要で、本来当事者が処理すべきものを税金で処理することは望ましくない、との考えでなかなか解決しなかった懸案事項です。

このまま放置するわけにはいかないので、業者と国が支出する基金を活用して処理できないか、これから検討を進めていきます。
posted by 熊谷俊人 at 23:20| Comment(5) | TrackBack(0) | 環境対策(ゴミ削減など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

へらソーズ:子どもとゴミ出しチェック!

この日は早朝からゴミ関係のお仕事です。
7時から子どもたちと一緒にゴミステーションを回ってゴミ出しルールのチェックです。これは「ヘラソーズ」という取り組みで、市内の小学校で実施している「ごみ分別スクール」を受講した子供たちを中心として自分の住む地域のごみステーションの分別状況を評価してもらったものです。

私が回った地域は一戸建てエリアなので、アパートが多いエリアよりはゴミ出しルールが守られていると思いますが、それでも燃えるゴミの日にダンボールやペットボトルが入っていたほか、雑紙はたくさん入っていてまだまだ浸透の余地ありと感じます。
子どもたちはゴミ袋を見ながら楽しそうにチェックをしていました。

リサイクルを進めることで地球にも優しい都市を目指すとともに、ゴミの量を抑制して清掃工場を減らすことでコスト削減ができます。財政を健全化するためにもゴミ削減は重要な施策です。皆さまもご協力をよろしくお願いいたします!
posted by 熊谷俊人 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境対策(ゴミ削減など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

清掃活動、子ども関係の会合などなど

今日は朝から稲毛の浜と幕張の浜の清掃活動に参加しました。
稲毛の浜は業界団体の皆さまが、幕張の浜はイオン・BayFM・マリーンズがそれぞれ主催して実施して頂いています。まるごと湾岸ゴミ拾いなどでも浜の清掃活動には参加していますが、海開きの前にこうした市民参加の形で美化活動をすることは大変意義があります。

その後は子育て関係に取り組んでいる方々と意見交換。千葉市の病児保育の現状と今後の課題について詳しく聞くことができました。
さらにきぼーるに移動し、アトリウムで行われている「千葉空襲写真パネル展」を見学。軍都であった千葉市の当時の状況や七夕空襲を始めとした戦時中の様子などが写真やパネルなどで分かります。是非皆さまもお越し下さい。

090711sensou.jpg

そのまま2階に上がり画廊ジュライで行われている春潮展を見学。
政令市移行後から続いている展覧会で、文化の積み重ねの大事さを感じます。議会対応で疲れた心も癒されました。

さらに4階の子ども交流館に移動し、こどもたちを交えたワークショップに参加。中学・高校生の子どもから「どのように毎日を過ごしているのか」「どんな千葉市だったらいいのか」など普段感じていることを聞き、その意見をもとに「夢はぐくむ ちば 子どもプラン」の策定に活かしていくものです。
子ども達から率直な意見がどんどん飛び出し、私も刺激を受けました。「政治家は信用できない」 …う〜ん、これは頑張らないといけませんね。いくつか宿題をもらったので月曜日から早速取り組みます。

最後は大学OB会の総会に出席。
市長になったものの、OBの中では当然一番の下っ端です。先輩方から温かい励ましとアドバイスをもらいました。

090711waseda.jpg
駅伝の渡辺監督、石井会長、田山副総長
posted by 熊谷俊人 at 21:59| Comment(8) | TrackBack(0) | 環境対策(ゴミ削減など) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする