【コメントの扱いについて】
・個人名を挙げての批判・誹謗中傷はご遠慮下さい
・個人的な陳情や要望には対応しません。担当や市長への手紙などをご利用下さい

2010年02月16日

市立海浜病院を視察、現場の声を

夕方から、市立海浜病院を視察
廣瀬院長によると25年の勤務の中で市長が視察に来たのは初めてだそうです。

来年度、海浜病院において地域周産期母子医療センターの認定を目指して整備を進めますが、それに先立ちNICU(新生児特定集中治療室)の状況をこの目で確認いたしました。また、院内保育所の現状なども合わせて確認。なお、地域周産期母子医療センターに関しては県の来年度予算において運営補助が出ることになりました。これは相当大きいです。
その後は院内の医師・看護師・事務の皆さんと意見交換をして現場の生の声を聞かせて頂きました。

100216kaihin.jpg


主な意見は以下のとおりです。

・人員が足りない(医師、看護師、薬剤師、全てにおいて)
・手術室など施設面での改善が必要
・他の病院と比べて高度な医療を実施しているにも関わらず分娩料が安く、モチベーションと誇りに影響が出る
・院内保育において病児保育、24時間保育を行って欲しい
・3交代制では何かと不便なので2交代制を目指して欲しい
・医師確保はお金だけの問題では無い
・市立病院がどのような役割を果たすのか、地域の医療機関との連携や役割分担をもっと明確に
・市民からは市立病院ということで高度な医療から身近な医療まで何でもやってくれると思われている
・将来の展望を見せて欲しい。現状維持では意欲が向上しない
・千葉市の夜救診の仕組みは優れているが、将来的には厳しくなるのではないか。2次医療機関との連携も含めた再検討が必要

他にもここに書ききれないほど意見を頂きました。事前に廣瀬院長が実施したアンケートの回答も合わせて持ち帰り、今後の医療施策の検討に役立てたいと思います。
今回の意見交換でも感じましたが、この病院に勤めることに誇りを感じるような将来の展望、自主的な病院経営体制の確立が何より重要です。今後、両市立病院が市民にどのような医療を提供して進化していくのか、公営企業法全部適用への移行と合わせて検討を進めていきます。

明日は青葉病院を視察します。

2009年11月08日

オレンジキャンペーンと児童虐待

皆さまはオレンジリボンをご存知でしょうか?
今月から千葉市はオレンジリボンキャンペーンに取り組んでいます。

オレンジリボンキャンペーンとは児童虐待防止の推進を啓発する運動で、千葉市でも児童虐待の対応件数が年々増加している現状を踏まえ、初めて取り組むものです。
市民の皆さんへ、オレンジリボンと児童虐待問題について、より広く知ってもらうためのキャンペーンとして11月1日より、さまざまな啓発活動を展開します。

千葉市オレンジリボンキャンペーン2009

091108orange.jpg
私も胸にリボンをつけています

●当事者である子どもたちとの真剣ディスカッション! 
そのキャンペーンの一環として、私と子どもたちで児童虐待などについて議論する場を公開で実施しますのでご興味のある方は是非お越し下さい。
子どもたちの問題を当事者である子ども抜きに大人たちだけで議論するのは本来おかしな話だと思いませんか?
「子どもの力フォーラム」は子ども環境学会と連携して、子どもたちと一緒に「子どもたちの今」を考え、発信していくユニークな取り組みです。児童虐待、小児科医療、子どもが考える市政の課題などを子どもたちと真剣になって考えたいと思います。


○日時:11月22日(日)
  10:30〜12:00 こどもの力フォーラム with 子ども大学
  13:15〜15:00 セーブ・ザ・フレンド真剣ディスカッション
  15:20〜16:50 子どもたちの声を元にした未来市政討論
○場所:千葉市子ども交流館 3階アリーナ

詳細は子ども交流館のページをご覧ください。
http://www.kodomo-koryukan.jp/event/kodomo.forum.2.html

2009年10月12日

トキめき新潟大会視察4:閉会式・記者会見

全種目終了後、閉会式に。
控え室で森田知事と同席し、来年に向けた会場施設の課題や、幕張新都心などの街づくりについて意見交換をしました。森田知事も天台の陸上競技場の課題認識は持っているご様子。

091012heikai1.jpg

閉会式は高円宮妃殿下もご臨席され、泉田 新潟県知事、篠田 新潟市長、妃殿下と挨拶が続き、知事同士の大会旗の引継ぎ、市長同士の大会マスコットの交換が行われました。
その後は平原綾香さんによる音楽ステージ。平原さんは新潟中越地震の震災復興テーマも手がけていらっしゃったようで、復興支援への感謝も兼ねたステージでした。

091012heikai2.jpg

閉会式終了後は両知事・両市長による記者会見。
国体・障害者大会を終えての総括や、見えてきた課題、今後の国体のあり方などについて新潟県知事・新潟市長に質問がありました。
森田知事と私には「大会を見て来年に活かせるものはあるか」などの質問がありました。私からは

・千葉市の選手団を温かく迎えサポートして頂き感謝している
・この大会で初めて障害者と接したボランティアもいた
・何十年に一度の機会。千葉市の障害者を今後支える人材を育成する大会にもしたい
・市民にも障害者スポーツに関心を持ってもらう絶好の機会

というような内容を申し上げました。
記者会見終了後、新幹線で帰宅。実り多い2日間でした。

トキめき新潟大会視察3:最終日は陸上競技

朝は陸上競技の応援。
東北電力ビッグスワンスタジアムは国体のために新しく建設した施設だけあって非常に綺麗で素晴らしいスタジアムでした。千葉は前回の国体時に建設した県の陸上競技場(天台)で老朽化が進んでおり、現在の基準である9レーンではなく旧基準の8レーンしかありません。

091012niigata5.jpg

局長以下と「新潟と比べるとあまりに施設面では厳しいので、おもてなしの心で補完するしかありませんねえ」と、深刻な会話をしながら練習グラウンドへ。
昨日まで頑張った選手に「お疲れ様」と、今日出場する選手に「頑張って」を伝えました。

●ソフトボール投げ
ソフトボール投げは槍投げのようなフィールドで文字通りソフトボールを投げる種目。70m越えや果ては80m越えの選手も居て、遠目から見ても凄さが実感できます。

●立ち幅跳び
助走無しで幅跳びをします。
視覚障害のある方なので、見えない中で前に飛び込むのはなかなか勇気がいることだと思います。千葉市の選手は60歳。でも、非常に鍛えられていて元気でした。

091012niigata7.jpg

●400m混合リレー
陸上の最後の種目で華です。
4人のうち必ず一人は女性を入れる必要があります。どの選手も躍動感溢れる走りで思わず力が入りました。千葉市は銅メダルを獲得!

091012niigata8.jpg

2009年10月11日

トキめき新潟大会視察1:ボーリング・卓球・STT

新潟市に到着し、前日入りしている保健福祉局と合流。

やはり地方の大都市は駅前の構えが違います。長い歴史の中でその地方の中心都市に相応しい玄関口です。
千葉市の場合は戦後急に発展した都市のため、どうしても玄関口の構えが他政令市と比べ劣っている面があります。その辺りの話を部長たちとしながら、昼食のへぎ蕎麦を食べ、会場に移動。

最初の応援はボーリングです。
会場は本当に普通のボーリング場のため、フロアにボランティアスタッフや応援者がすし詰めになっていて人口密度がやたらと高い会場でした。
ボーリングは8人以下のグループ毎に分かれ、4ゲーム通しで実施して合計点で争います。障害者スポーツ大会は出来るだけ多くの選手が表彰を受けられるようグループ毎に金・銀・銅メダルが授与され、配慮されていることが特徴です(障害区分毎に細分化されていることも理由の一つです)。

091011niigata1.jpg

その後、亀田総合体育館に移動し、卓球とSTT(サウンド・テーブル・テニス)を応援。
STTとは、視覚障害を持つ方の競技で、目隠しをして専用の台(卓球台に近い)で音のする卓球ボールを転がして競う種目です。卓球ボールの中に4つ入っている鉛の音でコースや距離を聞き分け、ラバーのついていないラケットでボールが浮かないよう相手に返す、という非常に難しいもので、私も体験コーナーでやってみましたが、本当に神経を研ぎ澄まさないとボールに当てることすらできません。

091011niigata2.jpg
試合前の2分間の練習のみ撮影が許可されます

千葉市の選手の応援に行ったのですが、音を遮断した個室で行うので観戦者は声や音を立てずに見なければいけません。
静かな空間の中で選手の息遣い、緊張感がビリビリと伝わってきて、選手にとってこの大会が持つ意味の深さを実感することができました。本当に素晴らしい体験でした。
競技自身は健常者でも十分楽しめるもので、千葉市ではハーモニープラザなどで実施できるそうなので、今度試してみたいと思います。

091011niigata3.jpg
入れない人は外のモニター室で観戦します

夜は保健福祉局の障害者スポーツ大会担当者と懇親会を行い、見えてきた課題、来年に向けた取り組みについて意見交換。
今年4月に入庁した新入職員からは「市長のブログをチェックしている。やる気が出る。私の方が千葉市に入ったのは2ヶ月早いのである意味同期・ライバルだと思っている。日々業務に取り組んでいる様子を見て私も負けられないと感じる」と言われました。これくらいの意気込みが必要ですね。頼もしいです。

何十年に一度の障害者スポーツへの関心を高める絶好の機会です。あらゆる準備をして当日を迎えたいと思います。

2009年10月09日

千葉競輪「愛の競輪」スターターを

今日は朝から政策協議の後、千葉競輪開設60周年記念 滝澤正光杯の記念イベントレース「愛の競輪」(知的障害者によるレース)のスターターを務めました。千葉競輪のこういう福祉への取り組みはもっと評価されるべきです。

公営ギャンブルのうち、オリンピック種目になっているのは競輪だけです。プロスポーツという側面ももっと強くアピールして、今までの競輪のイメージを変えて欲しいと思います。皆さまも是非お気軽にお越し下さい!

午後からは農業委員会から平成22年度千葉市農政に関する建議書を受領、さらに来客対応が数件、政策協議を数件。